完全に雑感 秋

3ECCF9BC-14CA-4D86-A9BE-136E53CCECA2.jpeg




B8907AC6-06B6-47FF-9260-7BE7C74A2DCF.jpeg



おしゃれ風(笑)


草を刈った後に雨が降って、それからずっと家の中はなんと言えないいい香りに。緑、草の香りなんだけど、ちょっと甘い感じの香り。


そこで朝飯食べてる。いいわ。見ている人にもこの感じ届いて欲しい。コレ見てほっこりしてほしいな。例えばそれが満員電車の中であっても。


おっ、風が変わったね(山小屋の親父風)こういことをサラリという奴が一番信用できません(笑)


今日から秋だね。夕方、最後の焼き肉をしよう。


それにしてもなんなの?この月日の経つ早さというのは!こないだロボさんの銀河飯店リリース二十周年記念だったそうで(笑)あれからもう二十年!ちびった。身近で見てたから知ってるけど、ロボさんは結局あの頃から絶えずキープローリンしてたもんなぁ。すごいよ。


ローリンローリンだべさ。どこまで転がっていけ。俺も


家の冷蔵庫、とうとう逝った。というよりまだ動いてるんだけど、ここ何年も突如冷えなくなって、保冷剤入れて誤魔化して、冷蔵庫探してるうちにまた動き出すの。そういう感じに繰り返し。夏はコンプレッサー回りっぱなしだから逝きそうじゃん?ところが意外に真冬に止まることも多くて、でも真冬ってここ冷蔵庫電源入ってなくても製氷室じゃカリンカリンの氷が出来るからさ(笑)むしろマヨネーズやらタバスコやら全部凍っちゃってそっちが問題で。


ここの冬の冷蔵庫の役目は凍らせないためのもの。


そんな感じがもう三年ぐらいか。つうかこの冷蔵庫、結婚してからずっと使ってるからもう二十年なんだと!家電屋の店員が驚いてたってよ(笑)もうこうなると仲間っていうか。


買い替えられそうになると、仲間外れになりたくないからまた頑張って動き出すって。。。もう泣きそうなるじゃん(笑)


いや、ほんと、おまえも仲間だよ。ごくろうさん。


そんな思いが胸中広がってしんみりしてると、ムラが「ちゃんと綺麗にしてあげて送り出してあげないとね」と。


その瞬間マジ微泣き。


みなさん還暦が近くなるということはこういうことなのです(笑)


だけども、それ聞いた時、のろけるわけじゃありませんが、この人と一緒になってよかったなと思った。


モノにも魂。冷蔵庫にも魂?生きてる?いや、もちろん生きても居ないし、魂もないですよ。現象としての冷蔵庫という状態には。だけど魂のない冷蔵庫という現象を創っているもの、それが魂(愛)なのよ。だから冷蔵庫自体がもうすでに魂のなのよ。わかる?(爆笑)というよりそれ意外はないのね。


だってさ、言われるように宇宙がビッグバンから始まったのなら、全てはビッグバンが素なのだから、ビッグバン以外の要素はないわけじゃん?他の要素が入り込む隙なんかないわけ。宇宙はまじりけなしの純度100%.瞬間瞬間完全に。そしてビッグバンと例えばイコール愛と定義したら、なんだ全てが愛じゃんってことになりませんか?どこから愛意外のものが混ざり込むの?って思わない?理屈から考えても。それがたとえプーチンという現象であっても(笑)






神を頑なに信じて、というか信じるあまりに人やモノを粗末に扱う者、神なぞこれっぽっちも信じてなくとも、人やモノをいとおしむ者。これ、どっちが悟りに近いのでしょう?っていうはなしね。


ムラは完全に後者なのね。この人さらっと悟ってるなっていうも思うよ。ま、それも悟ってるって言う現象を創っているのも、悟ってないっていう現象創っているのも、それもいずれも結局魂なのよ。






永遠(笑)









かえすがえす野菜予約してくれた人たちありがと?!そんなあなたに捧げてます。ウソ。

完全に小芋協奏曲


226E66A8-9B18-4625-951B-6BE274FDCF9D.jpeg







なんまらくそだらほっついべや


今年こそ神芋と呼ばれるような子を作る!


のはずだったのだが結局またもや。。。ハネモノざまぁ!わははは!


病気になってしまった。泣きたいというか吐きたい。自分の見立てでは今年は昨年の倍の収穫量を期待していたのだが、面積を広げたにもかかわらず、収穫量は昨年並みという(泣)それも小芋ばかり(さらに泣)


じゃがいもの花が咲いて、そこまではいい感じだった。ある朝、俺が起きて下に降りるとムラが開口一番「じゃがいもが病気だ!」と。「枯れてきてる」と。おやおやムラさん、じゃがいもは花が咲いて、それが落ちるとあっという間に枯れていくものですぜ。「違う、違う、枯れるのには早すぎる、葉っぱに斑点が出来てる」だと?えっ?何どうゆうこと? 昨日の野菜との個別面接では問題なかったぞ。ちんこをしまう暇なく畑に駆けつけると、なんとじゃがいも畑全面葉に見たことのない模様が。


嗚呼、これは完全に病気だ。。。。あからさま。。。。


北の国からだと、怖い目をした草太兄ちゃんにトラクターで乱入されクスリ撒かれているパターンですな。


右の方から茶色く葉が枯れてきている。葉の病気だから芋には影響ないんだけど、成長がそこで止まってしまうので、収量は当然に減ります。誰よりも遅く植えて、誰よりも早く上げてます。雨が多いと病気になりやすいんだと。そこは完全にガードが甘かった。認めます。


昨年失敗したから、今年こそはつーんで、昨年も芋を上げてから、すぐにああだこうだと土作りを初めて、一年かけての失敗だからな。また来年かぁ。悔しいなぁ。つか、しょげてる暇ねぇぞ。なめんなよ。だけど、どこか力が入らない。全くもって、なめ猫に煮え湯飲まされたような気分だぜ。


そこに大家さんが通りかかって。


じゃがいも病気になっちゃいましたよ。ガッカリですよ?。


ああ、今年雨多かったからなぁ。ナンブ病だべ?どうしてもじゃがいもはこういう年はなりやすいんだ?。それはそれは残念でした。また来年がんばりましょう!


とあっけらかんとした様子で通り過ぎる。全然悪い気はしない。農家さんって強いなぁ。。。こんなことでいちいちしょげてたらキリないもんな。来年がんばるしかねぇもんな。


ニンニクやニンジンはぶっちゃけコツを掴んできているところはあるけれど、芋作はまだまだ下手だわ。芋は意外に難しいぞ。ほっておけば勝手に出来るくらいのその認識、まずはそこをあらためなければ。


もうほんとくそだらあたまきたから、芋掘った翌日、早速竹酢液(抗菌性の強い竹を燃やして作る液体)樽ごと買ってきて、土砂降りの中撒いたべや。それはまるで泥レス。頭の中に変な音のキーボードが流れてきて、嗚呼これは。。これはハウンドドッグのフォルテシモだべさ!種がすべてさ!ちがうか。


ま、なんでも最初から上手くいったらつまらんもな。


神芋への道は粛々と続く。


強く、強く。


というわけで、今年のじゃがいも、じゃがいものみの大箱発送はできまぜん。ごめんなさい。





左から三番目が俺です。

完全に肉の季節

42408164-B295-44EB-940D-1BE0DDD8CA3B.jpeg


E84E4E14-EEFF-4DF6-BDDE-4B531DEAA0AE.jpeg




いつもこんな感じでえろすんまへん。


狂ったように、ご覧の通り「肉」やってます。ま、いつもの夏です。一昨年くらいから焼き肉のタレを自分で作るとえろうまいということに気付き、やや飽き気味だった肉生活に活気が戻ってきました。


あと、薪集めて、割って、積んで。そんな感じ。畑仕事も細々とあるし、仏茶毛、仕事なんてしてる暇ないよ、してるけど。


だけど、配達してると何がいいって地域の最新情報が全部わかるのね。特にオラなんか自分の家の周り配ってるからさ、自分にも直結するわけ。コレはいいですよ。あのかわいい犬死んじゃったんだ。。。とか。あそこの嫁、義理母と仲が悪いんだな。とか。ま、そういうどうでもいい情報なんだけど(笑)その中で有益な情報があるんです。


おっと、あの家、木を倒してるゾ!それもバカ太いお宝!



この春にそのお宝を見つけて、最近頼みに行ってみたのね。そしたらもうライバルが居て、一足先に切り出されてたわけ。だけど、コレ全部運び出すのは、一人やじゃ無理だなと思える量だったので、オラにも譲っていただけませんかか?とお願いに伺った。


どうぞどうぞ、ご自由に全部持っていってください。


だけど、もう、どなたかいらっしゃるようですが。。。


全部持っていっていいとは言ってくれてる割には、なんとなく。。。。全然違うところの細い木を奨めてきたり(笑)



詳しい経緯ははぶくけど、こういう時に注意しなければならないのは、田舎の人って本音をズバっと言わないのよ。この場合、都会の人だったら、全部持ってかれるとウチも困るから、じゃ先約の方に四割残して。とかズバッと決めちゃうと思うのね。


田舎は違うんだ。


うん、いいよ、いいんだけどね。。。って曖昧になりがちなのよ。オラ、それが悪いって言ってるんじゃなくて、やっぱり狭いコミュニティで、何でもかんでも本音言い合ってたら疲弊するじゃん。長い時間の中で自然と田舎の人に染み付いた処世術だと思う。それを汲んであげなければならない。



もうオラは田舎エキスパートなのだから。えっへん(オマエイクツ?)



もし田舎ビギナーの昔のオラだったら、「全部持っていっていいって言ってるんだから、全部持っていく、当然でしょ?」ぐらいの馬鹿だったからさ。ムラがその空気に気づいて、止めた方がいいんじゃない?とか言い出して、オラ、激怒。


そういうパターン(笑)



結論から言うと今回の案件は、軽くさらって、しばらく手をつけないということにした。そして毎日双眼鏡でチェックし(笑)その時が来たら、一気に攻める!そりゃもう。



ネコソギデス!



手前のダルマ(木を切り取ったもの)は今回軽くさらったもので、ま、コレだけでも充分ありがたいけどね。多分コレはもう来年分になるのかな。



この薪を集めたり、積み上がっていくときの、この安心感つーか、幸せ?至福?このなんとも言えない満ち足りてく感じ。おまえらだらわかんねぇだべな。



俺だけ幸せでごめん。ウソ。そんなこと微塵も思ってない(笑)



それよりさ、ハネモノ(モ)のハナシな。今年もいつものようにいつもの方々、ご予約ありがとうございやす!ほんとにさ、誰かに食べてもらえる、もらいたいって、そのモチベーションがなかったら、とても続けてこれてないと思うのね。つまり畑があるから、ハネモノ(モ)やってるんじゃなくて、ハネモノ(モ)があるから、畑ができてるわけ。じゃなかったらここまで愛情かけられない。だって大変だもん。自分達で食べる分だけ作るんだったら、もっとテキトーだわ。だからこの規模ってか、この関係?すごくいいところに収まってきてると思いますよ。


そんでミックスのハナシ。


オラのミックスでもいいって方も居たんだけど。あとベースのハナちゃんのミックスが聴きたいって声もあって。流石だろ?ウチのお客は!(笑)俺も「たしかに!」って手をパンと叩いた程だったんだけど、今年は違う方に作ってもらえることになったんだわ。コレはすげぇゾ。発表します。



元下北沢スリッツ店長の山下さんですぅ!



俺は人脈だけは一流なんだよね(笑)山下さんは俺の中のでは生粋のパンクスだから、どっかにピリッとしたところねじ込んでくるんじゃないかと予想したり、または逆にその予想の逆バリで来るんじゃないかとか。



甥に歌わせたマイナースレットとか(笑)



どう捻ってくるのか楽しみだ。ちなみに山下さんはハネモノ(モ)のお客さんでもある。



そしてそのミックスを車中爆音で聴く頃にはこのあたりの緑はすべて赤になって。



当然なんだけどその当然はなかなかにすごい。



と思います。






ハネモノ(モ)野菜の予約はこちら