完全にケジャブ

5C7BA695-1ED8-4970-9383-905C1E9BCD0D.jpeg


BD0A328B-8B35-4BFE-8EA3-7E673D22F459.jpeg



昨日はやたらとケニーに似た人物を見かける日だった。


ファミリーカーを運転しながら後ろに乗る子供にミラーを介して会話するケニー。コンビニでタバコの商品番号を言うのだが、それが何故か自分の欲しいやつと違い「いや、その隣のもょっとメタリックみたいな青の箱のやつだったような気がするんだよなぁ」タバコのパッケージがリニューアルされたことに気づかないケニー。スーパーカブの後ろに荷物を満載にして走っていたケニー、ヘルメットもクリアシールドの中の顔面は完全に笑っていた。そして、生協においてカート一杯にキンミヤをみっしりと入れて、その上にちょこんとレモンをのっけてレジに並んでいるケニー(多分コレは本人であろう)


世の中はケニーで一杯だ。デジャブではなくケジャブだ。ケチャップではなくシシカバブだ。


そしてこの写真。ケジャブ感がハンパない。毎年、毎年、一年が経つのほんとはえーな!と思いますが、一番感じるのはこの瞬間。この景色見たことある!というよりほんとに一年経ったの?我々の一年はまるでシシカバブの一枚、一枚より見分けがつかないのであーる。だが。


繰り返しの様で違う日々(ロボ宙)


そうなんすよ。さすがマイメン、ロボさん。俺、今から極論言うけど、人の質の差とは、結局、そこに気づけているかいないかの差。


同じニンニクのようで違うニンニク。あたりまえ野田クラッカー。ぽんぽん!


と言うよりも、同じ瞬間なんてないのだから、瞬間にしか存在しない我々が手に持ちつづけるこのニンニク、鬼のフグリ、も、諸行無常。当然、一瞬、一瞬、違うモノになってるわけ。例えばずっと握りしめていてもそれは0.001秒前のニンニクと違う別物なんだよ!可笑しいだろ?わははは。


それが「繰り返しの様で違う日々」の意味な。


ということで、今回はにニンニクと宇宙とロボさんを混ぜてみました(笑)


で、肝心なニンニクの収穫完了のハナシ。


出来はというと「ふつー」でした。


少なくとも「鬼のフグリ」など大風呂敷を広げるほどではなかった(笑)


えろすんまへん。






昨年の野菜違う自信あります!(笑)ハネモノ(モ)の野菜の予約はこちら







曲の短さと濃さが完全にハードコア。令和のバッドブレインズがここ日本から



完全に繁忙期

3A11C7AD-92FE-4E5D-8B1D-9B2D780F4D55.jpeg



1D6568E6-5451-4EAC-9E5C-FDBEBDD9DC0C.jpeg




昨年植えてもはや土に還ったと思っていたミョウガ様がなんと生きていらっしゃる。どれがミョウガかわかる?ミョウガって土からボコボコと顔を出してくるらしいんだよな。楽しみ。そーめん。



今の時期って、配達に仕事が繁忙期っていうやつで、家に帰ってきたら、ちょっとちんこいじって(若ぶり)寝るだけダスよ。ゆえに更新もしばらく滞りますぅ。



配達途中の動物達との戯れもおざなりになりがち。



だけど、「もう、この子、朝からずーっと遊んでもらえるの待ってるんですよ」なんて言われてるとさ、それで、おもちゃくわえておっちゃんこしている子なんて目に入ろうものなら、遊んでやらんわけにいかんべさ。(ま、暑さで屍とかしてる犬もおるのだが)



ほら、引っ張るぞ、いち、に、さん、はい終わり、じゃ?ね?。



なんて手抜き遊びして車に乗り込むと、おもちゃくわえてまだこっち見てるわけ。



もー!と言いながら、また犬のもとへ。ま、コレも仕事のうちだよ(笑)というより、コレが仕事だと考えると抽象度が上がります。



そんなある日事件が起きた。



某ライバル会社もトラックがオラより先に現場(オラのメンコちゃんの居る家)に入っていた。その若いお兄さんも犬好きみたいでさ、頭ナデナデしてるわけ。



そうじゃないんだな。。。。お兄さん、オラが犬との。。。。ま、見ててみな。



柴犬を真ん中に両サイドに男が二人。さ、わんこ子ちゃん、あのおもちゃくわえてこっちにおいで。



ところが、ところが!向こうお兄さんの前でおっちゃんこしたんだ。ところが!



オラのスーッと伸ばした手は誰にも拾われず、オラはどこでそれを引っ込めたらいいのか分からず、戯れるおふたりからそーっと離れて仕事に戻った。手をだらりと伸ばしたまま。





死にてぇ。





ハネモノ菜園野菜の予約はこちらから

完全に何かやってるかのような野菜の予約の開始です

D7B5EB43-02C0-4FA4-9F47-9B46225DA3CD.jpeg


792412C7-B5D9-4E73-9E84-BE43AD68690E.jpeg



67DB8760-36FD-43EE-ADD5-4FF3D823B7AB.jpeg




アタイを置き台にしてからに!こんなOMIYAGEこうしてやるニャ?(猫ブログ的な)



ロボさんごめん。



北海道は夏がキタ!と思っても、なんかいきなり寒くなって、それで終了、えっ?アレが夏のマックスだったの?、聞いてないよ?、という結末が多々あり。



だから、もうコレいっちゃいました。俊速で平らげた。売ってるもトマトなかなか。



そういえば、一昨日、移動になった元職場の人からメールが。



職場では音楽話はしない。元々音楽が話題のメインに登ることはないのだけれど、万一そういう方向になると逃げがち。だってどんな音楽聴いてるんですか?とか聞かれて、昨日、Spotifyでchaotic dischord見つけてさ、アレ、あんなもんまで入ってるのね?なんて展開なるはずもなく。



俺は人の知らないもん知ってるぜ!なんてそういうクソダサい、そういうテイになっちゃうのがイヤ。それに、もはや大人の聴く音楽じゃないしさ(笑)でもどうしてもそんな形になっちゃうのよ。そんなものは望むべくもなく。



いつも思う。ほんとサザンが好きだったらよかったのに。音楽はサザンしか聞かない俺です。最近ソロキャンにハマってます。そこんとこよろしくですぅ。コレが一番簡単でいい。(サザンだダメって言ってるわけじゃないよ)



ま、そんな生活の中で一人だけ音楽の話ができる人がいて。後にも先にもあの人だけだったな。札幌に一緒にコーネリアスを観に行ったこともあったっけ。性別年齢はみなさんご自由に想像してみてください(なんのあそび?)



それはその人からのメールだった。



えっ?何?それほど親しい仲でもなかったのでスマホ画面に映ったその名前にかなりの違和感。そして開けた。





お久しぶりです!ロボ宙の新作とてもいいですね!





想像もしてなかった内容に思わず顔がニヤけて。



ロボさんが俺のマイメンであることは言ってないと思うが、ロボ宙の前作は貸したことがある。俺、その時点ではまだ今回の新作聞いてなくてさ。すげ?!世の中的にロボさんがまたなんかズンズンキテルんじゃないの?!すでにハートビートは快速飛ばして準急へと。



前作が10年かかったから、多分次は20年後、ぶっちゃけ言うと前作がロボさんの全部を出し切った集大成だと思っていたから、ほんとごめん、二作目はないと思ってた(笑)つか、逆に前作がそれぐらいの傑作だったというわけですが、それがあっという間に今作というわけで。それをこの夏のはじまりにねじ込んできてさ、これはひとつのロボットレボリューションと言えそうです(なんやのそれ)



で、聞いた。一番音のいい場所で聴きたい。俺の場合はそれは車なんだよね。通勤行きで半分聞いて。



こ、コレは!早く後半聴きたくて時計の針を進めた。俺なりのやり方で。



結論。つまり前作は全然集大成じゃなかった。



むしろ、はじまりでしかなかった。ロボット暴走前夜。これからは半年に一枚のリリース。。。それぐらいの勢い。いよいよ感情、意識を持ちはじめたAI。実はそのプロトタイプがCIAによって50年前もの前に大阪にひっそりと置かれた。コードネームDSN3.。そう脱線3とはこのAIの進化を促すためにCIAの肝入りでスタートしたプロジェクトであったのだ。ロボさんが日本酒をちびちびやりながら俺だけに教えてくれたこと。もちろん彼の日本酒は飲んだように見せかけてy全て顎に内蔵されているパックに。ロボさん、ドンマイ。俺はあんたがずっと飲んだフリをしていたことに実はずっと前から気づいていたぜ。だけど、あんた。。。。あんたロボットなのにスゲーよ!クロック数マシマシでほんと血が通ってるみたいだぜ。



聞いてるとさ、なんかそこにロボさんが居るみたいな。そういう空気感。そして何故か色々な匂いが頭の中に。それってすごくない?そんなことできるラッパーってロボさんだけだと思うよ。これはロボさんしか作れんわ。前回も思ったけど。サイキョウ!あとリリックにハネモノが組み込まれて感激。



そんな人工知能のお墨付きを頂いたハネモノ(モ)マーケットの2022年の予約が本日開始です。



今年は雨が多くて、それもいいタイミングで降ってくれて、ニンニクなんてもうこんな感じだよ。コレが今までで言うとデカいサイズ。



12560585-BA9F-4033-990F-5384DB637D68.jpeg



対してコレが今年の一番デカいの。太陽の塔と比べてもどれくらいデカいかわかるっしょ?



FA64A18F-64C4-478A-B104-CD68B683C6DA.jpeg



いまいちわからんか(笑)とにかくこの下にはとんでもないものが埋まっておる。とんでもないフグリが。毎年テキトーに名前考えて遊んでるけれど、今年は一発で浮かんだ、もしオラのニンニクを道の駅で売るとすれば、名前はコレだ!



「鬼のフグリ」



ちょっと気持ち悪いくらいで正直。なんかやってんちゃうの?おまえら俺に隠れてステロイドなんてやってないだろうな?



大将、亀に誓ってそんなものはやっておりません。



ふーん、人間は神に誓うが、ニンニクは亀に誓うのダナ。



冗談はコレくらいにして、野菜って人間ががんばっても、ほとんど天気でその出来が決まっちゃうもんなんです。ニンジンだって、一回も水撒くことなくこんなに綺麗に芽が出た。




1B1DF0F6-AF74-409C-9F6E-965FFDCE0A14.jpeg




抜く雑草。



さ、どんな出来になるのかはお楽しみ。もう辛抱たまらん方、興味のある方はwww.hanemonomo.info へ。



で、恒例のミックスなんですが、まだどうしようか決めかねていて。友達に頼むのも段々気が引けてきて、なおかつ昨年のような自分が作るってのも気が進まないのよ、自分が(笑)



頼みたい人が一人居るんだけど。。。未定です。



秋には野菜を長渕よろしくボストンバックに詰め込んで、南、南へ向かいたいもんですなぁ。ロボさんのお店、代打橋の「OMIYAGE」へ。ところで。



なんでボストン?






野菜の予約はハネモノ(モ)マーケットへ




お待ちしております!








コレらは完全にDNS3計画で得られたデータのフィードバックで作られたものです。







手放し運転はあらかじめプログラムされたものではなく、彼が後天的に人間らしくあるためにはどうしたら良いのか、自ら考えて学んだものだそうです。完璧であればあるほど人間離れしてしまう。人間にはどこか隙がある。アップデートとしての隙。それが手放し運転だったのです。実際、隙だらけです。彼は間違ってなかった。そのプロセスに当時の科学者は「ついにゲートが開いた!と歓喜したのだとか。