完全に野菜の予約は明日までっわけでもないんすけど

0D667372-6036-404D-A528-871DED20329B.jpeg



92662F73-7895-47BC-B33C-C533B6C5E6EF.jpeg





本当はめちゃくちゃかわいいんだけ真っ黒で何が何やら伝わらない(笑)



前に上げた画像と比べてもちょっと紅葉入ってるでしょ?



これでも今年はだいぶ暖かくてさ、吐いた息がちょぼちょぼ白くなるのが、例年だとライジングサンの頃なのね。今年はまだ一度もそれにならないもんな。紅葉もまだまだって感じで。



画像の左にポツンと一軒家。あれセブンイレブンだから。セブンイレブンの実験店舗らしくセブンイレブンサスティナブルっていうらしいよ。中に入ると真ん中に詩集が凛と三冊置いてあるだけらしい。セブン攻めてるよね?。


言うまでもなくウソだぞ(笑)


サスティナブルって書いてまた俺の「一言言わせろスイッチ」がONになっちゃったけどさ、そんなこと吾郎さんが四十年前に言ってたべや。なんかさ今「サスティナブル」って単語をこれ見よがしにペラペラと使いたがる連中に限って、三年後は絶対に違うワードを推してるって安易に想像できちゃうような連中でさファックだぜ(おっ、とっつあん今日はヤル気ですね)ほんとコンビニのキャンペーンじゃないんだよ。なんてな。言い過ぎました。ごめりんこ。でもまだ続けるよ(笑)


サスティナブルファッションって言うけどさな、ここまできてもまだファッションって、えらくゆーちょーなおはなしやないかい。ほんまにサスティナブルいうならな、竹切ったペニスサックに白樺の皮で作ったチョッキ着て表参道歩いたらええやないかい。夜になったらペニスサックに夜露や雨を溜めたらええやないかい。そこにお米入れて炊いたらええやないかい。


それがほんまのサスティナブルファッションやないかい。サスティナブルランチやないかい(オエッ)


結局さ、持続させたいのはあくまでも自分たちのこの便利な暮らしなわけでさ、ほんとは地球のことなんてなんにも考えてないの。ウソ言い過ぎました。でも今のサスティナブルって言葉の使われ方ってそうじゃないじゃん。「今地球にできること」「環境へのやさしい思い」とかさ(笑)なんつーか発想の主体は本当は自分なんだけど、向こう側にあるようなイメージにしてるっていうか。。。いや?違うな。難しい言葉にできないわアタイ。


例えばさ、お店でテーブルからお茶こぼしたとするじゃん?自分で床拭いたとするでしょ? お店に迷惑をかけたくないから自分で拭くひと、こぼしたものを放っておく自分が許せないから拭くひと。同じ行動をとってても、片方は相手への配慮で、片方はあくまでも自分だけの問題でありお店は不在。


なんかね、今日日のサスティナブルって言葉の使われ方ってそんな感じがしちゃうのね。本当に自然のこと考えてるのかよ。じゃ、なんでそんなにパンツが細いんだよ、ウソつけよ!みたいな(関係ありません)


もちろん環境へのダメージは考慮すべき問題なんだけど。人間が知恵を絞ればこの地球をなんとかできる。私たちが自然と共存していく社会を作っていくのだ!なんか一見正論なんだけど、でもそれって根底に人が自然よりも上に立ってるって感覚があると思うんですよ。


そこが五郎さんと決定的に真逆なんだよなぁ(笑)


あくまでも上に立ってるのは自然の方で、人間が自然に対してできることなんて微々たるもんだと自分は思うのね。「人類がこの豊かさ手放さなければならない」っいう点において人類にとって大問題なだけであり、ガイアパイセンにとっちゃ、おまえら勝手にやっとれやって。サスティナブルファッション?なんやそれ?食えるんかいな?っておはなしじゃないの?パイセンが本当に持続不可能になったら人類なんて綺麗に淘汰してくれるから我々アリはそんなに心配しなくていいんですよ。ここはパイセンにお任せしちゃえば。


いやぁ吐いた、吐いた。別にクサシテるわけじゃないんだけどさ(完全にクサシテます)


なんか自分でもこんなにサスティナブルって言葉に鬱屈した思いがあるとは思わんかった(笑)


ま、色々書きたいことあったんだけど今回はこれで。





今年もパイセンにおまかせして作った野菜の予約は明日まで

完全にあちらのカテゴリー

4AB9C39A-2993-401E-8468-CB37BE98CC2D.jpeg


20281CF9-7F14-4392-8EC9-7F102B34ABA7.jpeg


ボンちゃん、このオモチャ?が大好きで、大好きで。クロちゃんもギンちゃんもそんな遊ばない猫だからさ、ずいぶん面倒臭いのが入ってきちゃったなぁ(笑)って感じていたんだけど、ひなたで腹上に向けて毛づくろいしているのを見ると、あのまんまだったら野垂れ死だったもんなぁ、よかったよなぁ、と感じる瞬間も。



53B1BB94-17CB-483F-8C61-6DA17C13903F.jpeg



ギンちゃんとボンちゃんのシルエットはご覧の通り結構違う。あびーろーど。



なんか同じような写真ばっか撮ってるけど、写真というより俺こういう時間が好きなんでしょうね。あと気づいたんだけどさ、ここ最近同じこと書いてるときない?前回、巨大UFOからバカ殿のクローンが何万体も降りてくるって件ね。久々にオモロいこと思いついたなぁなんて感じだったんだけど、同じようなこと多分書いてる。探してないからわからんけど、多分書いてる。君ならわかる。俺、書いてるでしょ? 終わったな(笑)



太陽はサンサンと照ってるけれども風は冷たくて。これはもうアレですね。アレに違いありません。クロちゃんがちょうどこんな時期に死んだから、クロちゃん思い出しながら、あれこれ。



つうか、俺、昨日ワクチンの二回目打ったのね。


ここらの人に色々聞いてさ。副反応どうでした?とか。したら、その人ちょっと勝ち誇ったように。


「なんもなんでもない」


あれって若い人ほど反応が強く出るらしいじゃん?


なるほど、なるほど、なるほどですね?。お年寄りは副反応は気にしなくてよし、メモメモ。だけどこれはあちらのカテゴリーの方のケースなのでありまして。俺は参考にならねぇわな。で、昨日打ったじゃん?




あれ?




ちょっとは変化を感じたいぐらい全く何も変化なかった(泣)オラは田舎のプレスリーオラもあちらのカテゴリー。


ま、そんなわけで職場が接種の次の日は強制的に休みにされるので、更新でもしてみようと。身体もダルくもなんともないから(みんなの言う重力が三十倍になったかのようなダルさというのもちょっとは味わってみたかったよマジで)畑に米ぬか撒いたり、あとあれこれ普段できないようなことを。車のヘッドライトの黄ばみとったり。午後の柔らかい日の中ヘッドライトの黄ばみとってんだよ?(笑)めっちゃ贅沢やん!「車のヘッドライトの黄ばみとり」は「人が死ぬまでにしなくていい五十こと」の堂々第十六位に入ってます。ちなみに第七位はAFRAのマネのようです。どうせできないので。


そうそう米ぬか問題。俺の縄張りの精米機がどこかのギャングに荒らされ始めてさ(笑)もう最近は行っても大体何もない。なんか最近菜園とか始めちゃったりする人が増えてるのかも。おまえらよ?おまえら初心者はホーマックの肥料で充分なんだからよ?米ぬかなんて危ないものに手を出すな(笑)ウソ言い過ぎました。


だけど、今年自家菜園の野菜みんな味のノリがノリノリなのは、春に米ぬかを大量に撒いたからなんじゃないかなぁとは思ってますよ。自分が有機栽培をする理由。それはまず無農薬だってことで、ほとんどそれが全て。味については「元都会の人」だからさ、なんとなくオーガニックって謳われていたら、しなびちゃれのタマネギでも美味く感じるじゃん?おぉ!流石オーガニックだねぇ!みたいな。そういう感じわかるよ。だけど実際どうなの?ってここきて十五年色々作ってみて、食べてみての結論。


味もやっぱり有機栽培の方が美味いわね。ごめんなさいって感じ(笑)


最初は美味い!ってよりも、青くささだとか苦味の方に意識がいっちゃってたんだけど、食べ慣れるとさ、やっぱスーパーの野菜は物足りなく感じますよ。そんでこないだ書いた「土と内蔵(土と臓器ではなかった(笑))」読むとさ、微生物が土の中に生きてる有機栽培の方が美味くて当たり前なんだよな。根が養分を取り込む力が全然違うからさ。野菜の根ってチッソ、リン酸、カリだけじゃなくてあらゆる微量ミネラルも一緒に取り込んでるので、そんなさまざまな栄養素を吸収できる環境で育ったものの方が味に深みがあるのは当然なんですわ。 


ま、それが本当に好みかどうかは別よ。前に札幌ニンジンジュース販売した時に子供が飲んで開口一番。


「し、し、しっ、死ぬかと思った!」


(爆笑)


子供にとってはそれぐらい青臭いんだな、多分。ま、それぐらい危険な野菜を作ってみたいですね(笑)


ハネモノ(モ)もね、予約してくれてる方々は、もう皆さん大体見た顔ぶれで、やっぱり危険に飢えた野郎どもって感じで、ありがたいことです。ほんと七人でも十人でも人数の問題じゃなくて、危険な香りにピンと来る人に届けばそれでいいんです。で、食べて爆笑してもらえたらいいなぁ。なんだかわからんけど笑っちゃう。


危険でしょ?(笑)



そうそ今年のオマケのミックスも曲集めてます。サブスクで作るからあれにないものは入れれないけど。毎年「タイラザワムネガザワザワシナイミックス」って名前で友達に作ってもらってたんだけど、俺、耳がお子ちゃまだからそういうものにはなりそうもないね。聞いた途端、四百メートルトラック何周もしたくなるような。名前は、



タイラザワイイイミデムネガザワザワスルミックスです。



でもさ、これちょっと余談なんだけど、何年か前にスチャダラの野音で、元下北沢スリッツの店長山下さんと会ったのね。開口一番何言うかと思ったら


(例の低い声のトーンで)「いやぁ、Kちゃん、俺、最近EXPLOITEDにハマっちゃってさぁ」



EXPLOITEDっすかぁ?流石の俺も口あんぐりですよ。あれだけあらゆる音楽を網羅してきた人が、今嬉しそうにEXPLOITEDの話してるってさ(笑)その屈托(くったく)のなさ。流石パンクスだね。


ま、この話も前に書いてるかもだ(笑)が、そういうとこ見習って作りたいと思ってます。


ま、一曲目からDISCHARGEで始めらないから安心して(笑)とか言ってやるけどね。わはは。






とか言って結局野菜を買って欲しいんでしょ?だけどどうしても危険に引き寄せられているあなたはクリック






完全に振り落とされがち

393ABF52-94A2-4C2E-B294-CC8FCEF25454.jpeg


2ACAD215-7A21-4AF0-ACF3-FDAAD650244E.jpeg






いや?また更新開いちゃった。ほんと毎日、毎日、今日こそは更新するぞ、更新するぞ、更新するぞ、修行するぞ、どんどんどんどん修行するお、とは思ってはおるのよ。だけどネコのボンボンのせいなのよ。完全に。朝の四時から騒ぎ出すのわかってるから、それに合わせてもう寝るの早めてるのね。ただでさえ俺は寝るの早いのに。したらさ、仕事のある日だと帰ってきて1時間半で寝る時間なのね。圭吾困っちゃうのね。眠いの嫌いなのね。実はこのブログ、ささっと書いてる風に見えるかもしれんけど、最低二時間以上は時間を要するのね。そうなるとさ。。


とは言っても、数少ない予約をしてくれている人も「ほんと野菜来るのかしら?」特に今年はいちげんさんが多い気がするから、そんな思いをさせてしまっておるのではないかと。


えろ、すんまへん。


で、これが我が家を冬の風から守ってくれている大木。


なんでも前の家主さんが過去に家が吹き飛ばされた過去があって、この家を建てる時に植えたんだとか。この木は結構重要で前の道路からの目隠しにもなってるし、夏の薪割りはこの木の木陰でやっておるのね。俺がパンイチで玄関前をウロウロできるのもこやつらのおかげ。えろ、すんまへん。


で、道路を渡ると、ザ 北海道. の景色なのね。だけど、すっかり見慣れちゃった(笑)もちろん気持ちの良い環境に居るって自覚はあるんだけど。道東とか行ってもさ、「ああここも相変わらず北海道だなぁ」みたいな(笑)いちいち感動はしなくなったね。ま、人なんてそんなもんしょ。だけど大枠で考えると約十五年前にこっちきてよかったと思いますよ。いんや?(悲鳴)もう十五年?



75ECEE5D-4B51-4CE0-A5C0-79EBB21A139D.jpeg



あっちゅうまに、俺、これになったよ。おっかいおっかい。


上の(51)はペンネームだから(今どきそんな言葉通用するんかい)変えないよ。俺は永遠の51歳だから全然問題ない。だけど、こないだ免許更新だったんだけど、毎回更新のたびにあれって「いや?俺も老けたな」って思うじゃん?そして今回。いよいよ「おじいちゃん」が細胞から滲み出てきました(笑)まいったね。まいってねぇけど。


スティーブ・ジョブスは「死とは人にとって最大の贈り物」だとかなんとか言ったとか言わないとか。ま、その境地はわからんけど、「限りある」「変わっていく」ってある意味美しいことだとは思うよね。だって真剣に想像してみ?「永遠」「不動」なんてクソ恐ろしいじゃん。だから死というものが設定されているこの世は天国なのさ。


という境地で生きていきたいものですなぁ(笑)


ま、でも俺もおじいちゃんに変化して、この先ほんとどうなっていくのかなぁ?


自分でもわからねぇよ。わかってる人の方が少ないと思うけど(笑)


最近うっすらと考えるのはさ。ムラが死んだら俺どうなっちゃうのかな?って。不謹慎つうかそれもリアルな歳だからさ。それでもここで暮らしていくのだろうか? ここに来た時はそこは全く決めてなかったし、今も決めてない。一生暮らすかもしれないし、一生暮らしてやるんだという意気込みもなかった。だけど十五年も経っちゃったっことは、やっぱここはいいんのでしょう。


まるで想像してなかったけど、もし独りになってもここで暮らしていそうな気がしてきた。それも悪くない。


えっ?一体何の話になっちゃってるんだ?(笑)


そうそうこないだやっとワクチン一回目打ちました。副反応?思ったよりもキツかったかなぁ(完全に若ぶり)マジ話は頭痛が少々。俺はアナフィラキシーの経験があるからちょっとは警戒しました。でも、あれは噂通り絶対にマイクロチップ入ってるね。あれ打ってから頭の中でロックンロールが鳴り止まないっ!し、無意識に水たまりの水飲み出すし、ホウキの毛先の本数を数え出すし、絶対に遠隔操作されてるわ。


あと打ってから風呂場の石鹸のなかに何かいる気がする(ウソよ)


病院の中もまるで映画。何人か単位でブロック移動させられて、なんかこんな映画あったなぁ。みたいな。今起こってことは完全にいつか見た未来なんだけど、スタッフの着ていたTシャツが「富良野へそ祭り」のやつでさ。そこでちょっとホッとしたという(笑)現実に振り落とされそうだぜ。今は想像もできないような未来。そりゃ当然なんだけど、多分もっとその感じ加速していくよね。根拠ないけど。五年後は外出時はマスクとちょうちん所持が法律で義務化とかさ。


いや、あり得るって(笑)今はそんなバカなことあるかい!って未来にきっとなってるよ。


そしてそのタイミングで恐山に巨大UFO降臨。中からバカ殿の何万体というクローンが。やっぱり志村は死んでなかった!


ま、そんな日常になってもいちいち抗わないで、楽しんでっちゃお!(55歳)




1D9EEC0F-A624-4650-9044-92E700F3A98D.jpeg


image.jpg




結局はさ、世の中どう変わろうと、俺ら目の前のこと丁寧にこなしていくしかないのよ。で、重要なのは数こなしていくことじゃなくて、その丁寧さなのね。いかに丁寧にやっていくか。それが全て。そして俺の人生で一番足りて足りてなかったこと。この歳になってそれはわかってきた気がします。






心を入れ替え丁寧に試作を重ねている黒ニンニクはこちらから えろ すんまへん