完全に期待してくれとは言い切れない感じでひとつよろしく

03803707-D806-43FB-AE4E-61E6CFC18A6A.jpeg



この下のあたりにニンニクが埋まってる。

この後、ストーブで出た灰を適当に撒いた。

腰ぐらいまで埋まった。ぼくは進めましぇん!この雪が全部なくなったって、しばらくすると小さな芽が現れる。昨年のやったことから考えると、もう今年は期待しかないね。

って毎年毎年申しておりますが(笑)

ハネモノね、たぶん今年再開しますよ。俺が大怪我でもしない限り。そして全部有機栽培のハネモノにする。ってところまでは決めた。やっぱ人に「ニンニク、ニンニク」ってよく言われるってのもあるし、楽しみにしてくれる人が居るってのは作り手冥利に尽きる訳で、最低限、その人たちには届けたい。広げるどころか、どんどん狭まればいいぐらいの勢いでひっそりとやるつもりです。


話変わって、こないだ富良野から滝川までのローカル線に乗ったのね。

もうこんな感じでで雪しかないところに、ぽつねん、ぽつねんと家があって。

こうやって改めて見ると、ここは完全に人が住んじゃいけないところだね(笑)

どうしてわざわざこんなところに住んでるんだろうね?(オマエガナ)

焼き鳥屋も蕎麦屋も本屋もなくても今は自然の中がいい。

大変なことやめんどくさいことや馴染みきれないところもあるけど今はここがいい。




ま、でも老後はタワマンがいいな割とマジで(笑)




完全に今さわると怒るやつ

85D54001-0CB5-48EE-9B42-31D4C15E4707.jpeg


とうとう春がここにも。

朝玄関を開けると小鳥の声が。えっ?

あっ、そうか、本当にここ何ヶ月の間は無音だったんだな。気がつく。

自分の車に乗り込む。そこに漂う残り香。

ああ、本当に俺は歳をとったんだな。気がつく。

あちこちから、冬に失礼した、俺だか、ギンちゃんの小便の微かなオイニーが立ち昇る。

ファックユアセルフ。

今、ギンしゃんマンは外を見ているわけではありません。窓の木枠の木目の数を一生懸命数えているのです(寄り目で)

完全にカリカリが美味そうに見えていたころ

DEE7EBD4-013F-4807-8A85-9E28597CFC98.jpeg




みなさん、こんばんみ。

アタイが生まれて一度もお風呂に入ったことのない猫こと、ぎんしゃんマンれ?す、メスなんですが。

一度くらいお風呂に入りたいのは山々なのですが、飼い主が「おめぇの塩っぱい臭いが俺の好物さ」だとかなんとかで、絶対にお風呂に入れてくれません。これは絶対に動物虐待だと思います!誰か猫警察(ねこぽり)にツーホーしてくれないでしょうか?? ズイズイ!(髄髄)

猫が喋れるようになっても確実にこうではないか。

喜んでるのか喜んでないのかさえわからなかった。

何をして欲しいのかわかるようになってくるまでにはかなりの時間がかかった。

YESの「にゃ?」なのか、NOの「にゃ?」なのか、非常にわかりずらいんですよ?だ。

それに加えて、目線や足音の強弱、シッポの動き。それを察することが出来るようになるともう猫奴隷。




自由に人を操るなんて恐ろしいケモノ(笑)




で、この写真なんですが。なんでこれを撮ったかというと、右の髭が黒くて、左の髭が白いの、わかります?

クロちゃんが死んでから、髭が白くなっちゃったの(目に涙を浮かべながら)




なんだけど。




最近、あれ? 片方だけ黒に戻ってきてない?

ぎんしゃんマンがやっと寂しさを乗り越えた!というのは、あくまでも人間の解釈。




わからんけど。




だけど、たしかに最近は元気がいい。

最近のぎんしゃんマンは昔みたいに鬼ごっこをするようになったんだよね。テーブルの下とソファの下と台所の後ろの三点をグルグル隠れて回るつーやつがお気に入り。

追いかけ回す時に、ちょっとナマハゲ的な怖さを入れて、真剣にドタドタ足音を響かせて追いかけ回すとぎんしゃんマンも興奮マックス!




ラッキーキャット??(奇声、もち俺の)←狂った52歳




かと思うと、何時間でも外を見てる。いっつも窓の外を飽きもせず。

しっぽをぷらんぷらんさせてさ、何か物想いに耽ってる、丸い背中がそう語っているんだけど、アレさ、な?んにも考えてないから。




と言うのも、俺、昔、猫になったことがあるのからわかるんだ。




えーっ?(みんな突っ込んで?)

もう何年も前のことだけど、突然、なんだか胸の中が静まりかえっちゃって。

何ヶ月か。

この感じ、瞑想の習慣がある人はわかるでしょ?それはそんなに大げさなことじゃなく、とにかく、四六時中、し?んとしてる。瞑想なんかしてないのに。




身体の中に巨大な空洞が。




満ち足りてる。温もりが胸の真ん中からフツフツと湧き出てくる人間源泉。

もう至福しかない。

ヒマって言葉が自分から消えた。ヒマなんてのは完全に人の創造物。ありえない。




まるで猫のようにただただ座ってた。




何もする必要も感じないし、音楽も全然聴かなくなった。あとさ、何故かメシが異様に美味かったな。そして鳥の鳴き声を聞いて涙みたいな(笑)その時思った。





これは猫だな。





俺は猫になったんだ、と(笑) あいつらはこの世界に住んでいるのだな。

NKK2007で「猫の中心は静寂(だったかな?)」そんなタイトルがあるんだけど、それはその時の思いつき。

今日も飼い主に放棄されたいつもの猫が道路の真ん中に居て。

そいつのとは久々に会ったんだけど、頭には禿げあがるくらい傷が出来てた。俺を見つけるとにゃ?と寄ってくる。雪に背中をスリスリさせて、とにかくえらい元気!捨てられたのに(笑)

でも、少しだけわかるよ、その楽しさ。ふつふつと湧き上がる





その世界に居るのだな。





あいつは自分が腹を空かしていることと、自分が捨てられたことが結びついてない。よって空腹はただの空腹であり、ただの生理現象、よってそこには悲しいストーリーは一切ない。






が、それを人は馬鹿ともいう(笑) でも馬鹿でいいんだよ。





新手の新興宗教、もしくはみつをのようなことを言い出すけど、実は人もその馬鹿で生きていける。人はなんでも結びつけ過ぎ。そのほとんどが妄想。だって、俺、その間、なんにも考えてなくても、ただただ暮らせてたもん。





うんこ垂れ流しだったけど(うそよ)





一生その状態であってほしかったけど、残念ながら段々とその感覚も無くなってきて。色々とざわつきだしてきた。





なんかヒマだなぁ…どっか温泉でもいく?





だけど、今でも犬や猫を無心で撫でてると、ちょっとあの静けさを思い出したりして。

またあの感じにならないかなぁなんて、今日も一生懸命、ぎんしゃんマンのお乳を吸っております。





おっかぁ。。。






今年のライジングなまらほっつい! 自宅玄関前からサンステージまで直行便開通しないかな?(笑)

完全にすかしっぺ 完全にスカしっぺ 完全にスカしっぺ

205343B9-2E65-4BE1-A89A-C4CAEC0D6055.jpeg


51270296-4983-476C-ABBC-3F981E9BCCBF.jpeg

あの晩は星がとても綺麗に見えておったんじゃ…。

霜模様の入っているガラスに本物の霜がつき、何故こんな寒い土地のガラスに、わざわざ寒々しい霜の模様なぞ入れたのか?その「つもり」がワシには全く分からん。

観測史上最強の低気圧、建国史上最低の首相、俺史上最愛の彼、世間はそんな話題で持ちきりじゃった。ワシも少なからずその波に乗っかろうと、薪を焚べながら、スルメを噛み噛み、なんとか朝まで命が繋がりますように、さて、史上最強とはいかほどのものか、恐怖、いや、好奇心の方が優っていたかもしれん。じっとその瞬間を待った。



その瞬間はやってきた。ワシの命も繋がった。



5E6625C4-1F8F-4421-81E8-177775E0D3F5.jpeg



ぽわ?ん。全然じゃん!



日本で一番寒いところで暮らして居ますっつーのがウリなのでありまして(笑)、ひとつお願いしますよ?。でもこの晩は夜の10時過ぎ頃が一番下がったらしいね。その時は麓郷でマイナス27℃くらいまで下がったって。温度計をずっと見てた人がそう言ってた。ずっと見てたのかよ(笑)みんな好きやのう。

これがこの冬のテッペン? いや、まだわからないな?。とりあえず今のところ春っぽい気配は皆無。




以上、平沢からのレポートでした?。

完全に北(キタ)!

4F8970BA-C922-4502-8805-5E77C650BF7E.jpeg


9108B0B5-1D04-42C3-89CD-798EC3F0FFF3.jpeg



よし決めた!


今から鼻くそをほじる時は必ず指をアルコール消毒してからにするものとする!新俺憲法第十条。俺が風邪をひきやすいのは、絶対に鼻くそほじるのが好きなのと関係あるとみた(キメッ)

ちなみに俺憲法第九条は、レジ袋なしで買い物をしたあとは、むしろゆっくりと店外へ です。

にしても、なまらさむ。ただ今の気温マイナス13℃。

昼間に気温が上がらないことの方が、最低気温が低いことより人の心を壊してゆく。

具体的にはイヤラシイことが全く考えられなくなる。イヤラシイことを考えられるのは、そこが暑いか、暖かいか、生温いから。よって北欧の方じゃチンコにヒーター巻くらしいね。これほんと。

配達から帰ると靴がなまら冷凍コマイになってるべや。コレいちいち溶かさないと次履けないんですよ。ギブスになっちゃって。あと、このストーブで薪を乾かすってやつね。おまえらど素人は絶対にマネすんなよ。俺はちゃんと資格もってるんですからね。一次が筆記、二次が面接、実技はなしの試験をちゃんと受けているのね。そこではじめて「はい君は薪をストーブで乾かしてヨシ!」っていうお墨付きがもらえるのね。おまえらコレ真似して火事起こしてさ、


だって、あのブログでやっていたもんで。。。


なんて名古屋弁で口を尖らせながら言われても、責任なんてとれないずらよ。


それにしても今日の配達寒かった。


明日はもっとだべ? 途中会えば必ず話す人が居るんだけどさ、なぜか嬉しそうだったな(笑)おいおい、史上最強らしいぞ!なんつて。だけど、その人も言ってたけど、昔はもっと寒かったって。


おたく、どこから来たの?


自分は元々は札幌なんですよね。


ははは、そうかい!札幌はアッタカイもんな?。


え?あれでアッタカイ? すか?(それ以上は何も言わなかった)


札幌市民のみなさん。そこはアタタカイらしいので寒いとか絶対に言っちゃだめ(笑)


ま、でも確かにここは寒いよ。あの有名な陸別よりも寒い朝があるもん。最初の年は本当にびっくりしましたよ。生活の中に「凍る」っていう配慮がまるでなかったからな。こんなもんまで凍るんだ。。。みたいな。その人曰く、酒も凍るって言ってた。あとね、あんまり寒すぎると、冷蔵庫で氷が出来なくなるって。


あ、やっぱりそうなんですか! それ、まさに、今のおれんち(笑)今、氷は外で作ってる。


あと、俺の車もさみーんだ、これが。


構造上この車は冬に水温が上がりづらくて全然ヒーターが効かないのね。画像見てみて。窓の内側にビッシリと霜がついてるから。こんな霜だらけの車を運転してるの、北国といえども俺だけだわ。わははは。なまらほっつい!これをガリガリ落としながら視界を確保して配達するわけだからさ、霜手当が欲しいですよ。


こいつとも、この冬が最後かなぁ。


五万で買って二千万稼がせてもらったからな(やんわりと嘘を混ぜ込む)。まだまだ走るんだけどね(ODIWD)※1 だってキャブのサンバーでリッター16キロ弱走るなんて、車のことちょっと知ってる人だったら絶対に信じないよ。普通はその半分くらいじゃないの? ま、この車は完全に未知なる動力で動いてるから。俺はこの車に手を入れる過程で何度も神を見たよ、アーシング ※2 の神を(笑)

散々遊ばせてもらったこの車だけど、世の中同じようなことしてる人って居るのね。つうか、全く俺と同じ人が居てビックリしたの。ゴミみたいな軽自動車を手に入れて自分でちょっとずつ手を入れて遊ぶっていう輩。そこまでは割に多いと思うんだけど、サンバーの車高を上げて、デカイタイヤを履かせて、車体は刷毛塗り、ってそこまで一緒でして(笑)やりだしたのもほぼ同時期じゃないかな?これまた同じ北海道の人でさ。

その人、ユーチューバーで「軽トラ野郎」さんっていうんだけど、俺、いつの間にその人の単なるフォロワーになってました(笑)

で、俺、次のオモチャはホンダかダイハツ、色々考えてダイハツで決まりかな?って思って、色々調べてたら、またその人出てきてさ。その人、いち早くダイハツに乗り換えてた(笑)


どこまでカブるの? つーか、俺、相当なフォロワーじゃん!


ま、いいけど。俺がやろうとしていることはもう全部試してくれているみたいだから、俺は色々考えなくてもいいわ。


さて、さて。だいぶ長くなりました。


外も暗くなってきたし、明日も冷えるんだべ? 久々にガン焚きすんかな?。



明日は観測史上最強の朝を撮ったるど?!なまら、ほっつい!




※1 おまえら ど素人に 言っても 分からん だろうけど の略
※2 自分でお調べなさ?い!





T社長っていう方がよく登場するんだけど、訛りといいキャラといい純度100%の愛すべき北海道人。俺、今度この人に修理お願いしたいな?。




完全に既視感

E2065660-4B08-49F7-B23A-F23322A24D73.jpeg




食パンなまらうめ?。

そういえば、昔、ストーブでパン焼いてたじゃん?

なんでか知らんが、つい最近までわざわざガス台で焼いていた。

もう何枚黒焦げにしたことか。おまけに不味い。ガス代高い。

無駄なことが死ぬほど嫌いな男、ことこの俺、別名ケチ男君、さっそく昔を思い出して焼いてみた。

その感想が最初の一行目。

もう、アレだ、コレ。何もつけなくてもいい。むしろ、つけないほうがいい。これ生協の角食だけど、パン屋で買ったやつだったら相当美味いぜ。これを見ている友達諸君。これを食べに来るだけでもここに来る価値あるから、冬に是非いらして。ただし一泊ね(笑)

昨日さ、温泉行ったの。

中に入ると、やたらと禿げの外人と目が合っちゃって。こっちも裸だし、やっぱなんか怖いじゃん?(笑)露天に逃げ込んだんだけど、なぜかまた目の前に居るしさ。

イヤだわ?、これはもうカマシタレと思いまして。

湯気が立ち昇る中、ちんぽ丸出しで、もう絵に描いたような座禅をしてやったのよ。禿げの前で。

適当に手応えあったフリして、薄く目を開けたら、まだその人そこに居てさ。

さっきより余計に目がキラキラしてるの!(爆笑)

いや、ほんとあれはマジでひょっとしたかも。ケツの穴の小さな男でごめんなさい。色んな意味で。



あ?それにしても一刻も早くアヘ様が月に島送りになりますよ?に。



唐突でも、しれっと入れてくぜ。島送りにするまでは。

それにしてもコレはスゲ?な。(貼った動画ね)

なんだろ?この既視感? これさ、まんま「アキラ」の世界じゃん!

この会場のどこかに「東京オリンピック 国民の力で成功させよう」とかそんな看板があって、その上から「そんなもん中止だ、中止!」って落書きしてあったら、完全にアキラの実写版だよ。

例えばアキラの別ストーリーがあったなら。

それがこれ。

あの漫画の中で描かれているどんよりとした空気感に、今の世の中がすごく近くなっちゃって。例えばヘイトスピーチとかさ。あと保守という信仰宗教が蔓延したり。

大の大人が絶望と怒りと様子見と無関心の中に居る間に、若者はもう勝手に天国を創り始めてるよ。彼らはもう多分誰にも期待してない。

アヘ様と自民党が焼け野原にしてしまった後に咲き出したセイタカアワダチソウ。

そのたくましさが、何故か切なく感じるんですよ?だ。

でも、一番いいなと思ったのは、客がバンドに中指立ててること。




「これぞバンク?」




なーんて、そんなクソ幼稚なことじゃなくてさ。

これが本当の愛の景色だから。

わかるか?





(別の見どころは最初の方に登場する黄色のジャケットの人が山下さんとクリソツなところです)