レースウィーク

0021616.jpg

0021638.jpg


ザゼンの向井が紹介していた「これだラーメン」ゲット丸。

味は一言「いなたい」。たぶんこれを作っているメーカーに「いや?おたくのラーメン、いなたい味ですよね?」なんて言っても、むこうはあんまりうれしくないんじゃないかって気もするけど、2018年、たまらなくこのいなたさを求めてしまうのは俺だけじゃないはず。

何年か前から感じているんだけど、例えばそんないなたさ満点の居酒屋に、今までなら絶対に居なかったような女性客が進出してきててさ、何か縄張りが荒らされている気分を感じているのも俺だけじゃないはず(笑)

いや、悪いって言ってるわけじゃないんすけどね。いままでふつーに入れた店が満員とかね、いやー最近よくあるんすわ。

で、入ったら入ったでやっぱ何か違う。全体的に綺麗目の客。


やっぱりカウンターで隣に居てほしいのは「ドオヤジ」とか「ド労働者」。やっぱそっちの方が落ちつくなぁ。湯豆腐をつまみにビール飲んでる完全にひからびた「ドオヤジ」を横目でちらちら意識しながら、その人の人生をあれこれ勝手に妄想して、これまた勝手にリスペクトするのが、酒の一番のつまみになるわけで。

ま、女性で良いんですが、その場合はノーブラのノースリーブでお願いします。別のつまみになりますので。別のつまみってなんすか?いや、僕もわかりませんけど(笑)

いや?そんで、聞いてくれよ。

こないだ久々にそんないなたい居酒屋に行きました。そりゃもうひゃっほ?なんてもんですよ。ガンガン食って、ガンガン呑む。ふぬぬ、げっぽ、ちょっと落ちついたところで例によって人間ウォッチング。

と、思ったら「ド左隣」にすげーのが居て!

冒頭に登場のザゼンの向井をまんま若くしたような推定20代前半のオルタナ青年(モチメガネ)が、黒ビールの小瓶を飲みながら、ちょっと食べてはうなずいて、ちょっと飲んではうなずいているわけ!もう、わかるでしょ?心底おいしくて、ちょっとずつ楽しんでるのよ。(そんな特別においしい店じゃないんだけどね(笑))

「たまらね?!!」(その青年の心の声)

そんでその度にいちいち箸をキチンと行儀よく所定のポジションにちょこんと置いて、腕組んで、またうなずいてって延々やってるの(笑)

すげーこいつ!こいつすげー俺のタイプ(笑)ぜひ知りたい!君のことが。やっぱりバンドとかやってるんすか?

でもべらべら話しかけるほどこっちも酔っぱらってないし。でも何か話したい。。。

ちらっと食べているものを覗き見して、「彼の食べているものはポテトサラダである」という電気信号が脳に届く前に、あれっ?勝手に口が開いてしまった!








「それは芋ですか?」







「えぇ、まぁ、芋です」






し?ん。






そりゃ芋だよ(笑)芋以外の何者でもないよ。片言の日本語しかしゃべれない外人じゃないんだから。







「ソレハイモデスカ?」







ま、そんなわけでその青年との最初で最後のコンタクトは見事失敗に終わり、なんか最近こういうことあるなぁ、どういうことなのかなぁ、そんなことを思いつつ、時計を見て何か用事を思い出した演技をしつつお店を出た。

いや?あるんだよな?。こないだも仕事で配達証にサインをもらった瞬間、気がついたときには勝手に「こんにちは?!!」口から出ていた(笑)相手もぼーっとした人だったから助かったけど。


ま、そんな脳のショートあるある話はともかく、明日が最終戦なのら?。もう3位も2位もいらないのら?。玉砕覚悟で優勝のみをめざすのら?。レースはとことん勝ち負けにこだわるからおもしろいのら?。キンキンになってる奴らがガチガチにやり合うからおもしろいのら?。だからこそ終わったあとの相手との握手がとても暖かいのら?。

明日の夜は美味いビールが飲みたい!

地震雑感

0021637.jpg



あれから二週間。まだまだ避難されている方も居るこのような状況ですが。

えーさなみくんからは更新の翌日に取ってつけたような暖かなメールを頂きました。

ありがとうございます!(笑)

今回何を思ったかというと、やっぱ日本人ってすんごいなってことと、やっぱ原発は危ないわってこと。

だってさ、国が国なら滅んでてても不思議じゃない揺れでしょ?震度7ってさ。

なのに、自分は札幌に地震発生後二日後に行ったんだけれど、ほとんど日常だったよ。そりゃ東区や清田区はそうじゃなかったのかもしれないけれど、それを見て率直に俺はこの国はすげーなって思った。したたかっていうか。抜け目ないっていうか。

デカい沿線に立つ建物は、こういうことに備えて、崩壊して道を塞がないように、鉄筋にしなければならない、そんなことを法律で決めているのって日本くらいらしいよ。

実家は北区なんですが、コケシが三本倒れただけだったと(笑)

実は俺の父親は建築家なんですよ。で、人様にはけしてできないけれど、自分の家族ならできるってんで、実験的な試みを自分の家にしているわけ。簡単に言うと内装も外装もなしのコンクリートブロックだけで出来た家なんですが。

で、あの土地ってのは、泥炭地でありまして、それは豆腐の上に家を建てるようなものなんですと。そこで父親が何を考えたかというと、外見、部屋の構成、全てを完全にシンメントリーにして荷重が均等にかかるようにしたんだと。どうしてあんなにも遊び心のない部屋割りだったのか今回の地震ではじめて知りました(笑)子供心に建築家の作った家にしてはいまいちもの足りないなって内心思ってたの(笑)

で、その父親、今回の地震で「俺の実験はひとまず成功したな」ってニヤついてたわ。

やっぱ頭のいい人ってしたたかだなっていうかさ。抜け目ないよな。

なんでその血を全く受け継いでいないんだろうなと(笑)

で、その実家なんですが、富良野でさえ店からものが消えてるのに札幌はヤバいでしょ?ってんで、二日後にあるだけ買い込んで、仕事終わってからまっすぐ札幌に向かったんですよ。ところが自分のつく30分前に電気が戻ったらしく、もうさっそく宴会してやんの。それも電気つくのに真っ暗にして。俺に悪いからって(笑)

こちとら、なんだかしらないけれど喉なんてからっからだし、あれはさ、むこうに非があるわけじゃないんだけれど、なんだかすげーいらいらしたな(笑)モードが完全に俺だけ違っててさ。おいおい宴会かよ!!なまらほっついべや!ほっちゃれくってる場合じゃねぇべや!

あんた、なんでそんなに怒ってるの?(母親)

ま、実家の話が続きますが、トイレも今や普通の「電気トイレ」なんですわ。で、かなり昔のことだけど、それが導入された時、俺は父親に「これ電気停まったらどうすんのさ?」って聞いたの。したらさ、父親、さらっと「ああ、大丈夫だから」って言ってたんですよね。俺はその時、ああこれはほんとに大丈夫なんじゃなくて、本気でその時のことを考えてないだけだなって思ったの。で、今回の停電でしょ?老人にはうんこ流すことだけでもすごい大変だった!って言ってたわ(笑)大体なんでうんこがボタンひとつで流れる必要あるのさ?そう思わない?ちょっとだけ便利なだけじゃん。それに対してのリスクって小さくない気がするんだけど。

電気って使い勝手がいいってだけで、エネルギーとしてはすごく効率悪いでしょ。ブロワーって知らない?秋になると道路清掃業者が落ち葉を吹き飛ばすために、掃除機みたいな道具で風を吹いてるのを見た事ない?あれさ、実際作業している方は気を悪くしないで欲しいんだけれど、冗談みたいな道具で。背中にでっかいエンジンをしょって、そこにガソリン入れて、グァングァンと音たてて回して、で、何をやってるのかというと。

落ち葉を吹いてます。

それホウキでやった方がてっとり早いし、効率いいと思うのですが、そこは深く考えちゃダメなわけ(笑)でも結局、発電所も似たようなものだからさ。今のままだと手軽に使えるエネルギーにするためにものすごく効率の悪いことをしてる。でも自分の家の電気は全て自分で調達できるってのなら話は別だし、本当はもう技術的には出来るらしいですね。

あと、最後。やっぱ原発は危ないわ。あれはもう全然なし。ほんと頭よぎった。福島の時を。

たまたま泊が稼働していなかったからよかったものの、北海道全部がブラックアウトなんて完全に想定してないでしょ?想定外のことは起こりませんってが、ヤツら(笑)の言い分なわけで、稼働していたらと思うとマジで頻尿まぬがれませんよ。

うんこをボタンで流すために育った土地を離れなきゃいけなくなるなんて悲しすぎるぜ。

でも父親は言ってた。こんな目にあっても、一度手に入れてしまった文明をもう手放すことはできないなと。


まーそうだよなーともう思うし、ほんとにそうかなー?とも思うんだよな。

意外と簡単かもよ。

みんな口々に夜は星が綺麗だったって言ってたな。

佐波くん僕は大丈夫ですどうか心配しないで

_0021609.jpg


全国11人の僕を心配してくれる方のために眠い目とちんこをこすりながら更新します。

ここはね、そんなに強い揺れはなかったんですよ。

自分のスタンドに置いてあるだけのモトクロスマシーンも倒れてなかったくらいで。
中々停電が解消しない中、それでも携帯は使えたから、家族から情報を。

そこらへんまでは余裕だったんだが。。。

なんでも火力発電所がダメになったとかのメールを妹からもらって、これは当分あかんって覚悟した。で、何故か家はラジオが入らない地帯で、その後、予備電源がなくなったのかついに携帯も使えなくなり、外の世界のことが全く何もわからなくなりました。

し?ん。ぽりぽり。う?ん。珈琲のも。

実家の札幌が心配だな。

ま、ここは湧き水が湧いているし、裏の畑に芋がまだ埋まってるし、一週間くらいはろうそくの火のもとでその芋を食う覚悟を決めた。いや、街中の人を考えれば、これは恵まれているはず。


世の中のことが何もわからなくなった時、意外にその遮断環境にあまり恐怖感を感じなかった。普段から似たような生活をしているからかな(笑)

だけど、ほんと最近色々なことが起こるじゃん? 備えという点で自分に出来ることと言えば、そうだな、一年くらい無肥料でも野菜がぐんぐん育つような、そん
な有機質満点の土がある畑を持つことかな?なんて停電の中に、いや、こんな機会だからこそ思いついて、いまいちやる気しなかった畑の作業に突如取りかかったというわけ。

ご覧のとおり、そうです。あいかわらずスコップです(笑)

土はさ、土は、土は、す、す、す、すべてだよ。無敵だよ。

「電気きた?」と下でムラ。なんだかわからんけど、腹も座った午後に突如電気が復活しました。

でも、これはまだ北海道のほんの一部分で、ほんとラッキーなことにその中に入れたというわけ。実際、富良野市内はまだ停電中らしいし。

携帯が夕方近くなって使えるようになってさ、不思議なことに、友達でも、え?俺の番号知ってるんだ?ってくらいの、ちょっと遠目の人からかかってくるんだよね。モトクロス関係の友達でも、みんなが知ってるところだとベースのハナちゃんとかトシミくんとか。やっぱ出来てる人間は違うわ。

何か必要なものがあったらすぐ教えてだと。く?。

その点、さなみはダメだなぁ(笑)こないだここに来たばかりなのにメールのメの字も来やしねぇ。はいはいツィッターね。でもツィートとか、そんなんじゃ伝わらないことがあるんだよ(泣) ま、でも、そういう感じは昔から。

メールのメの字もこねぇからこっちから逆に電話してやろうと思ったもん。

佐波くん、俺、大丈夫だから!!

ぎんちゃんなめんな!

_0021602.jpg


いつもだったらスイートコーンを農家さんに夕方取りに行って、いつも9時頃には寝ているオイラ達、眠い目をそのままに、半分寝ながらスイートコーンを箱詰めしてしているというのが、毎年この頃の我が家でありました。

で、昨年の今頃は、クロが死んじゃって、俺、声出して泣きながら詰めてた、ほんとのはなし(笑)

ま、いつ死んでもおかしくないくらいの老猫だったんだけど、まさかその日に死ぬと思ってなくてさ。

あれからちょうど一年、昨年よりは秋の進み方は穏やかな気もします。


で、今年はハネモノやってないじゃん?

すごく時間が余って、のんびり過ごしているかといえば全然そんなこともなく。

逆によく今までよく出来ていたなぁって思いますよ。

そうそう、こないだ、佐波くんが十年ぶりに来たんすよ。ちょっと寄ったぐらいだったんだけど。

で、色々、根掘り葉掘り聞くわけ。TOKIOのおはなしを。

東京にはイワシ料理の専門店があるらしいね。

それが一番グッときた(笑)いきて?!俺、魚の中でイワシが一番好きなもんでさ。イワシだけで商売になるなんてのは、流石、花の都大東京だと思いやした。

あとさ、ひとつ気になることを聞いたんだ。

黒猫が人気ないんだと。

はて? なんで?

なんでも黒猫はインスタ映えしないんだと。。。。。







かちん。






おまえらよ、インスタなんてあんなクソくだらねぇもん今すぐ止めちまえよ!!(途端に敵視)なまらほっついべや!そだらじゃ映えることが重要だら、ちん毛ピンクに染めてモヒカンにしてアップしろや。





ちがう。





でも、俺、かちんときたんで、世間様では映えないと評判の黒猫の画像を中心にこれからはここに載せていきます。という決意でアップしたのがこの写真。




めっちゃ、インスタ映えしとるやんけ!!