ドキュメント 北の配達員2015「静観」24

_0019089.jpg

_0019093.jpg


今年だら暖冬つーことなんだけど、最近はややまとめて雪が降ったりして、やっと少しはぴっとしてきたもな。

ところで、上の「今年(だら)」の(だら)の部分。

これがかなり道産子の訛りのハードコア部分でありまして、道産子同士の会話でも(だら)を使うと、おまえさんも、結構イッちゃってるね!という冷やかしが入る。「だら」かよ!的な。

たとえば「おまえ、全然つかえないじゃん!」

これを年齢層高めの道産子が言うと「おまえなら、ほんと、どうもこうもならんもな」となる。

これをもっと訛りをきつくすると「おまえ(だら)ほんと、どうもこうもならんもな」となるわけ。

たいした違いに思えないかもしれないけど、実際に聴くとすげぇ耳を攻撃してくるよ(笑)つまり(だら)を使ってる奴はかなりの強者(耳毛アリ)。逆にこれからさこっちに移住の予定のある人は、最初から躊躇なくこの(だら)を使ってみることをオヌヌメします。一瞬でコミュニティーの一員として受け入れられることでしょう。そしてビッグマンで何回か潰されて北海道移住を身体で感じると(笑)

ところで、ぼちぼちの更新なのに毎回代わり映えしなくてごめんね?。

でもしょうがないんだよ。配達員は毎日ほとんど一緒のこの景色の中を走って、帰って来て220mlの焼酎を頂いて、寝る間際にとんとん(しっぽの付け根をとんとんする)をしてもらいたくて枕もとによってくるクロに「とん、とん、とん、とん、と?ん!」と言いながら(それも気がふれてしまったかのように元気よく!)10回とんとんしてやって寝るだけの生活なんだから。

最近自分で気づいたのが、毎日同じポストの前で必ずしょんべんがしたくなってるんだよね。そっから先はちょっとずつちびりながら配達しているというのが現状なわけですが、これってすごくない?それぐらい毎日一緒なんだよ(笑)
時間はもちろん、いつどれぐらい何を飲んでいるのかなんて、全く同じにしようと思ってないのに、毎日どうしても一緒になっちゃうんだよ。だけどそういう暮らしが自分には合ってるみたいよ。

昔はよく「ドラマに出てくるようなやり手の上司」なんてかっこいいな?なんて思ってたわな。毎日にがエキサィテングでハプニングの連続、だけどそこをアイデアと決断力で乗り切る的な。

「よしわかった!その案件は一時ペンディングして、急遽7人で対策チームを作れ。今日の5時半からミーティングをする。おっとその前にシャシャミンを仮おさえしとけ、えっ?シャシャミンは今、ロス? スポンサーへの時間稼ぎのためにプレゼン用の適当なムービー作っておいてくれ あとは俺がなんとかする」とかなんとか。

ぽわ?ん(バリバリやれてる自分を想像)

でもこの歳になって思うのは、俺、全然そういう類いの人間じゃなかった(笑)俺の暮らしにハプニングは要らない、全く(笑)毎日、同じでいい(笑)

考えてみたら「飽きた」って感覚が昔からあんまないんだよな。たとえば仕事が<シャーペンをカチカチ出して、全部出たら押して引っ込める、それを一日中、一生やる仕事>だったとしても、俺、苦もなくできると思うよ(笑)飽きない自信あるもん。そういう生まれもっての、なんつーの?「SLAVES気質」つーの?(笑)そういう所が自分にはあるからさ、ま、満喫してますよ。代わり映えのしない冬を。だけど、代わり映えのしなくたって、年末と年始がふつーにおくれるというのは幸せなことなんだぞ!なんて自分に言いきかして、今晩くらいは久々に思いっきり酒呑もうかな。明日、早いけど。

下の写真は配達ルート最後のデザートS字コーナー。ここ超気持ちいいんだ。

ミナサマヨイオトシヲテキナ。

ドキュメント 北の配達員2015「静観」22

_0019097.jpg

このお仕事の好きなところは沢山の犬ちゃんや猫ちゃんとお友達になれることです。

「こいつ、全然番犬にならんもな」

とにかく人が好きでやたらに足にまとわりつく犬と、
そんなことを言う目尻の下がった飼い主のおじさんも大好きです。

その逆に親の敵のように僕に吠える輩もいます。
番犬だからしょうがないです。

だけど春までにはきちんと社会の厳しさをわからせてあげたいと思います。

ト゛キュメント 北の配達員2015「静観」21

_0019062.jpg

_0019064.jpg

_0019057.jpg

_0019052.jpg

_0019082.jpg

_0019085.jpg

冬の朝、太陽の真横攻撃、家の中でも日焼けしてわや。

冬至から一晩あけて素晴らしい朝なので更新します。

ここもひっさびさにシバれてさカッチーンですよ。よく来てくれました!久々だな冬どん!ちょっとガオったんでないかい?って感じで。

ここでのこういう朝ってさ、自分もカッチンコくるんだけど、それは心が寒々しいって意味じゃなくて、胸に何にもなくなるんだよね。なくなるつーか、凍ってぽろぽろって全部足下に落ちてしまう。

みたいな?!ばうばう!(←自分でかっこいいこと言ったつもりになってる時に出るフレーズ)

たぶんだけど、冬山登山に取り憑かれている人ってその感じにハマっちゃうんじゃないかなぁ?わからない気もしないでもなくもないかも。わかったのか、わからないのかどっち?って感じで。

あ、そうそう思い出した。こないだ外がリアル吹雪の日に「八甲田山」を見るっていう遊びをしてみたんだけど、結論から言うとさほどおもしろくなかった(笑)

ま、とにかくさ、今、超気持ちよくて、やっぱりこの感じは夏にはないんだよなぁ。伝わってる?なんかね、俺はそれだけが伝えたいことのような気がしてきた。それが伝わるまで俺は何度も何度もトーストの写真を載せます(笑)

今日は休みだしムラも居ないからウイスキーでも飲みながらタクシードライバーでも見るつもり。

とか言って、田舎自慢しておりますが、本音としては劇場でスターウォーズが見たい!

ぶっちゃけやっぱ都会はいいよね(笑)すんすん。

ト゛キュメント 北の配達員2015「静観」20

_0019041.jpg

_0018970.jpg

雪降って融けて凍って降って融けて凍って雪降って融けて凍って降って融けて、わや。
なんかいまいちパッとしないので、ひと月くらいこのブログも冬眠することにします。
ウイスキーでも飲みながら真冬になるのを待つわ。
にしても、なんで冬のウイスキーってこんなに美味いんだろうね?

ト゛キュメント 北の配達員2015「静観」19


_0019033.jpg

夢の中。
何故か俺は家に来た業者をお化けのマネをして追い返そうとしている。
その声が実際に出てたみたい(笑)猫も逃げ出した。
脅かされていたのではなく脅かしていたのです。気持ち悪くてごめんなさい。