ドキュメント「北の配達員」LAST

20150330-_RIM0069.JPG

20150330-_RIM0070.JPG

20150330-_RIM0065.JPG

北海道はね、冬も春も夏もごちゃまぜでなだれ込んでくる。
グラデーションのように季節が変わっていくのではなくて、
バチンとスィッチ入れたように季節が変わるので、
暮らしてる人も遅れまじと必死なんですよ。

またしばらく間が開きました。

おまえら、配達途中に車ハマったり、吹雪の中うんこしたくなったり、
「古い車を趣味で乗るのはいいんだ。だけどやっぱり仕事に使っちゃダメだよね」
的な視線をバシバシに感じつつ、ムラ車に牽引してもらいながら、
職場に戻った話とか、そういう話が見たいんだべ?

もう、そういうのないわ。ゴメン(笑)
俄然盛り上がりに欠けてきたので(笑)本日で終了!

リアルに本日で契約満期さっき仕事が終わったところ。

ま、ひとつ言えることは麓郷街道で、
この夏やけに繁りのよろしい木がございましたら、
その根元には俺のうんこがある。とだけ言っておこう。南無。

最後、この冬を総括すると、無事故でいられた(一回だけほんとヤバいことがあった)
ことと、インフルエンザにかからなかったことがよかったかな。
全体的には厳しい冬ではなかったね。一番下の写真、薪があんなに余ったから。
そちらはどうでしたか?

そうそう、薪の手前は配達で使っているオラのプレミアムクラシックカーの
エンジンなんだけど、自分で載せ変えることに挑戦するんだ。
んで、今度の冬に備えると。にやにや。
趣味と実益がこんなに合わさった夢のような仕事。もう意地でも手放さない(笑)

ま、世のDIYパンクスも俺の前で口を開くときは、
自分の車のエンジン脱着ぐらい自分でできるようになってから、
口をひらけよっつーことでひとつよろしくピスタチオ。

その模様「俺、こんなことができるんだよ自慢」は
ハネモノ(モ)マーケットの方で逐一報告するつもりです。

来月はまるまる休んで、
五月中旬くらいからはじめる予定。
今年はまたひとつ新しいことをやるつもりでっす。念願の。

そちらもよろしくカシューナッツ。

豆食い過ぎておならがプーこと北の配達員でした〜!





+++++北海道PLAINJAPふるさと通信員+++++

ドキュメント「北の配達員」29

20150327-_00181400.JPG

みなさんこんばんみ。

ぼくは本当に調子のいいときは丸三日ここにじっとしていられます。

おまえらも少しはおちつきなさい。



+++++北海道PLAINJAPふるさと通信員+++++

ドキュメント「北の配達員」28

20150326-_0018174.JPG

20150326-_0018186.JPG

20150326-_0018185.JPG

20150326-_0018179.JPG

みなさん、おひさしぶりぶりだいこん。

すっかり春めいてたるんどるどるの血。

雪はまだ残っておりやすが、朝もそんなに寒くなくなったりしたりしたかも。

とにかく、北の配達員も今月で終わりですからね。
もう来月はがっつり休むよ。
だから最後はリフトアップブラ(ウソでもアゲ気味で)。

書こうと思ってたことあったんだけど、
書くほどのことでもないなぁつーことで、これにて失礼。



+++++北海道PLAINJAPふるさと通信員+++++

ドキュメント「北の配達員」27

20150317-20090212-IMGP6209.jpg

自分の除雪機はヤフオクの業者出品で手に入れたものなんだけど、
来たときからなんとなく違和感があったんだよね。

あれ?なんでこの部分だけペンキ塗ってあるのかな?
あれ?ここもだ。へんな塗り方してんな〜。
なんか塗り直しているところがすごく意味不明な感じなんだよな。
ま、業者なんて最初から全然信用してないから、
全部自分でやり直すつもりだったのであまり気にもとめないでいた。

ところが、ある時一瞬でその訳がわかったの!

ある角度から見ると見事に全部塗れているように見える。
出品の写真に写りこむ面だけご丁寧に塗ってやがったんだよ!

一方、最近の株価の上がり方。アメリカ経済の楽観論から買い注文が相次ぎ、
とかなんとかニュースでは適当なこと言ってんじゃん。

俺の除雪機と同じことしてんだなってすごく思うよなぁ。

言ってることわかるよね?


+++++北海道PLAINJAPふるさと通信員+++++

ドキュメント「北の配達員」26

20150316-_0018152.jpg

20150316-_0018146.jpg

20150316-_0018149.jpg

20150316-_0018143.jpg


春だぬ〜ん。

安西水丸先生の四コマ漫画見てたら、
こんなんでも世の中許されるんだと目から鱗。

同時に俺の中に脈々と流れるナンセンスの血が騒ぎだしたぜ。

乞うご期待。

誰がメソポタミアやねん!!



+++++北海道PLAINJAPふるさと通信員+++++

ドキュメント「北の配達員」25

20150315-20091207-IMGP70224.jpg

今日は休みかつムラも居ないんで、
朝から酎ハイかましてやろうかと思ってたんだけど、やっぱり止めた。
そういうはっちゃけたことをするのは四月まで我慢することにした。

今日はさ、ちょっと訳あって昔のココのアーカイブ見てた。

基本的に自分の昔に書いたものって一切見ない。
だからちょっとドキドキした(笑)

ショックだったのは写真が昔の方はちょっとドキッとする感じあるんだよな。
俺のカメラマンとしてのピークは2011年だね(巨匠気取り)

ざらっと見て何のためのブログなのか全然わからなさすぎで、
他人がこれ見てどう思ってるのかまるで想像できないけど、
何せおぼえてないし、人の書いたものって感じですっげーおもしろかった!

俺には(笑)

だってなんかさある時は「ひとりツイッター」ってやってて、
(全然ツイッターでもなんでもないんだけど)


フォローしている人|ビビンバ(福岡)、サティアン(埼玉)、左門(山梨)
          DEATH in 純くん(千葉)、よさこい(高知)、
          大西さん(北海道)、パリンコ学園横浜校(神奈川)
          前に首相やってたまゆげの長い人(東京)

フォローされている人|おっちん(ベルリン)、シピン(千葉)、
           ちっちゃい方の鈴木(熊本)、キムタクモドキ(群馬)
           ドーベルマン刑事FAN CLUB(兵庫)、
           まめおなら(群馬)、マイムマイム(山形)、
           破壊(山形)、ニトロきたあかり(青森)


なんなの?コレ(笑)誰が明智光秀やねん!(出た歴史ギャグ)

これでもさ、全然迷いなくオモシレーって書いてたからな。
それもそんなに昔じゃないんだよね。

段々自分が怖くなってきております。

この写真だって小さな日付が笑うところなんだよ、細かすぎっていうか、
おもしろいんだけど中々これじゃつたわらないよな〜。

そこのところをなんとか。

これからもよろしくおねがいいたします(谷間強調)



+++++北海道PLAINJAPふるさと通信員+++++

ドキュメント「北の配達員」24

20150314-_0018124.jpg

20150314-_0018135.jpg

20150314-_0018125.jpg

20150314-_0018130.jpg

20150314-_0018137.jpg
↑ 今年最大の育ち方 ↑

さてさて今週は三日間みっちりとお祭り(笑)

それっ、それっ、それっ、それっ〜。

水が解けたり凍ったり自由自在に変化する気温が一番やっかいさ。
つまりそれが今の時期。

重い雪で木なんかあっちこっちでバキバキ折れてるし、
これが電線にかかってよく停電する。

だけど泣き言さえも込みで、これが春。

一番下の写真。車の下のこれもすごくない?これ車の下びっちりだから。

これは北海道では「だらちゃべ」と言います。

道民って、ま、奔放な人が多いっていうかさ、
ぶっちゃけ、デリカシーのない人が多いんだけど、
このだらちゃべを人の家の前に落としていく行為、これだけは、
絶対にやってはいけない最低のマナーとして道民に染み付いている。

言うなれば、都会の電車で降りる人を待たないで中に入るような感じ?
つうか、それ以上に絶対にありえないことなわけ。

だからどんどん育っちゃう(笑)

ここだけの話、俺はみつからない所でこっそり蹴飛ばして落とすけどね。
でもこれ、人に見つかったら大変なんだ。

「おい、おまえ!そこでだらちゃべおとすなや!
おまえだら、いっつも人の家の前で落としてるんだべ?
田舎だと思って誰も見てないと思ってんだべ? 
そんなこと普通にやってるからおまえパッとしないんだぞ!」

だらちゃべから人格否定まで一気に話が突き進むから怖いんだ。

だからだらちゃべは絶対に自分の家の前以外では落としてはなりません。

以上、道民ウソウソニュースでした。





+++++北海道PLAINJAPふるさと通信員+++++

ドキュメント「北の配達員」23

20150310-_0018086.JPG

20150310-_0018085.JPG

20150310-_0018093.JPG

20150310-_0018099.JPG

20150310-_0018107.JPG



オラかえすがえすもみそしるが好きだ。

だから自分で作った豆とペンキも売っている麹屋の米麹とここの水で
みそが作ることができてうれしい。

ま、ざっくりこんな感じでみそができます。

特にこの写真のみそしる、これだよ、これ!これが美味いんだ。
100%納得のいくたべものって感じ。

俺は毎日三食これだけでいいな。

これはね、鍋にみそを入れないで、おわんにみそ玉を入れて、
お湯を注いでいるんだ。味の三平と同じ方法なんだ。

「みそもいきものだから、熱をなるだけかけないほうがいいんだよ」

「そうか!(目をみひらき)みそもいきものなのか!(生命の舞を踊る)」

これを飲む度にムラがいつか言ったその言葉を思い出して、
なんだかにっこり、全身に染み渡るみその生命、バイブス。二重に暖かくなっていた俺。

昨晩だったかな?

「ムラ、みそがいきものってことはレンジももちろんダメでしょ?」

「えっ?何?何がいきもの?」

「えっ?みそはいきものって言ってたじゃん!」

「何それ?そんなこと言ってないよ」

「えーっ!じゃ何で鍋に入れないのさ!(ちょいギレ)」

「ちょっとは風味がいいじゃん!」






ちょっとかよ〜!!!!!!!!!!!!!!!(椅子からころげおちる)





俺のあのあたたかな時間を返せ!!!!全部残さず返せ!!!!
もしくは全部ラスタライズせよ!

と、ま。

いつもでしたら、この類いのお話は俺の完全妄想、勘違い、思い込み、
でしたねってことで一件落着、こういうおはなしなわけ、家の場合。

ところが最近立て続けに、ムラ、あんた大丈夫かい?ということがあり、
正直、俺もムラのことを全然信用してないの(笑)

絶対に言ってたよ!いきものだって!

で、実際いきものかどうかはあんたがたおのおので調べてもらうとして、
俺は今でもいきものだとおもってるしこれからもいきものでありつづけるよ(しーん)

ま、とにかく、このみそじるをみんなに飲んでほしくて今年は大量に仕込んだ。
(今年はみそだけも売るつもり)

ブラッドサースティブッチャーズ「青春」をリピートで延々聴きながら。

茹でる時間空きができたときは、泣きたくなる程小さな文字のライナーノーツ。

話またブッとぶけど、そこにはいいこと書いてあったな。普遍性とは何ぞやと。

普遍性みんなが共有できる感覚。じゃそれは一体どこにあるのかと。

俺もさ、人ってどんどん皮剥いて出て来た真ん中はあんまり違わないっていうか、
優れているものも劣っているものもない
全て寸分違わない同じものだって信じてて。

それは外に探しても見つかるものじゃなくて、
むしろひとりひとりが孤独の穴を掘り進んで突き抜けたところにあるんじゃないかと。

その穴を掘る作業を人を頼りにしたり鵜呑みにしないで断固自分で掘り進める。

それが俺の思うリアル穴キー(アナキー)でありリアル穴キスト(アナキスト)(笑)

だからオラいつでもアナキストでありたいと思ってるよ。

そしてそこにしか平和な社会を生み出す鍵はないと思うよ。

だけど孤独って世の中見てみないフリをしがちじゃん?
孤独、それはちょっとはずかしい、みたいな。

ほんとはそこを突き抜けた場所でしか人と本質的に繋がる場所はないのに、
それに蓋をして、やたらめったら表面で
人と繋がることが今はできるわけじゃん?
だからさこんなにも世の中おかしなことになってるんじゃないかな?

吉村秀樹のこの遺作「青春」の妙な肌触りの良さとっつきやすさは、
上に上がってきたんじゃなくて、
下へ下へとうとう孤独の底をブレークスルーしたんだと思うよ。

あ〜もったいないなぁ。

と、ま。そんなところで、おっと圧力鍋から湯気が出た!

というわけで、このみそにはちんちんに孤独が詰まっているんだ。

「奇跡のみそ」だの、「幻のみそ」だのふざけんじゃねぇ。

こちとら「孤独のみそ」でぇ!




わかってたまるか、クソッタレ!(吉村秀樹)








+++++北海道PLAINJAPふるさと通信員+++++

ドキュメント「北の配達員」22

20150306-_0018080.jpg

20150306-_0018082.jpg

20150306-_0018076.jpg

20150306-_0018081.jpg




ここ最近は特に心配事や落ち込むこともないのに、
なんだかイマイチぱっとしない心境。すごくダルな感じ。

バイクで言うところのメインジェット濃くてレブが回りきってない感じ。

限りなく室温にちかい冷や麦を食わされている感じ。

人の体温で暖まった便座に腰掛けた感じ。

筆圧高すぎで完全に消せない文字。

うすーく、ずっともやもやしてる。まーまーそんなときもあらーな。

そんな中。

ある農家さんの敷地に入ると、
めちゃくちゃ馬鹿っぽいギターリフが聞こえてきた。

ビニールハウスの中で
「フットルース」を超爆音でかけてたんだよね(爆笑)

それもビニールがビリビリ震えるぐらいの勢いで。

それ聞いた途端!

心の壁に大穴がガバーンと開いてさ、目の前の山の見え方が変わって、
光の粒がキラキラキラ〜って入ってきたの(笑)

音楽ってすごい!(キラ目)

じゃなくて。

こころってすごくてきとーなんだな〜って思ったよ(笑)

だってさ、俺、フットルースでいいんだ・・・的な(涙目)

晴れ晴れした自分に赤面。

こころっつーのが一番信用ならねぇな。

だけど多分、中に居たおじさんも俺と同じような心境だったんだな。

Dear kenny あんたのギターダサかったけど最高だったよ。


なんかいい午後だったな、うすーく。





+++++北海道PLAINJAPふるさと通信員+++++

ドキュメント「北の配達員」21

20150304-_0018055.jpg

20150304-_0018063.jpg

20150304-R0018011.jpg

20150304-R0018012.jpg

えー、札幌のくにちゃんをはじめ、
全国7人のムラファンのみなさんこんばんは。

えー、あと、
「夏の間にあんなにバラバラにした除雪機はあの後ちゃんと戻ったのかしら?」
と心配してくださったご婦人方。
えっ?別に心配してなかった?は、さておき、

ムラも除雪機もこのとおりゼッコーチョーなのでございやす。
やっこさん、めずらしくピースサインなどかましておりやすが、
なんかこの除雪機を使っての作業が言わないけど意外にも好きみたいよ。
言わなくて勝手にやるから。俺にやらせろぐらいの。

朝、自分の出る道を作って出て、夕方自分の入るための道を作って入る。

なんだかな。

やっぱここの冬は家でじっとしてるのが一番ナチュラルみたいよ。
とは言っても、とっつあん稼がにゃならんで無理くり出るわけだけども、
一昨年までこれ全部手で跳ねてたからね。地獄つーか遅刻です。

そりゃ、ピースサインもかましたくなるわな。

夏はさ、そりゃおもしろいこととか一杯あるんだよ。どこでもいけるしさ。
だけど正直大変なことも多いんだわ。

冬はさ、そんな楽しいことってないわね、自分で楽しみを見つけるって感じで。
だけど代わりにそんなに大変なこともない。特に除雪機を手に入れてからは(笑)
だって、寒いだの、吹雪くだの、凍るだの、
そんなのいちいち一喜一憂してもしょーがないことじゃん。

だから俺はどちらかと言えば冬が好き。ま、夏も好きか(笑)




+++++北海道PLAINJAPふるさと通信員+++++