わりにひま2

20130429-IMGP7604.jpg

20130429-IMGP7607.jpg

最近太陽見てないな。

ゴールデン、ゴールデンっつーたってさ、

まるで、友達に無理矢理つれてかれた隣町のドンキホーテに、
一人置き去りになれたような気分だよ!

たぶん、みんなもそんな気分だと思うので、詩、置きます。



透き通る空気の中、
冷気誕生の瞬間、
それは霜となるまで振動を落とし、
ロボットの顔、浮かび上がる。




++++北海道PLAINJAPふるさと通信員++++

わりにひま

20130425-IMGP7589.jpg

なので、俺、芸術家デビュー。

股間に吹きいる風の冷たさで、
己の社会の窓が開放されていることに気づく。

北海道はまだそんな感じ。


++++北海道PLAINJAPふるさと通信員++++

ラッキーラッキーミーラッキー

20130423-201304201727000.jpg

東京に久しぶりに行ってました。
ムラの親御様に会うのもヤバい年ぶりでありまして、
普段偉そうなこと書いておりますが、そうです、
俺はそんな恩知らずな男なのであります。

実はこの冬、ひたすら、ひたすら、
焼き鳥家にいくことだけを楽しみにしておったのですが、
はっきり分った!あれは日々の暮らしの中にあって、
はじめてエモーショナルレスキューするものでありまして、
半年楽しみにしていくものじゃないわ(笑)

にしても。

東京は何か月日が経ってこなれた居酒屋みたいな妙な居心地の良さがある。
北海道に帰って来たら来たらで、空がドカーンと真っ青だときたもんだ。
だけど、もはやそこに差が感じない。
どっちもいい。どっちも好き。どっちも普通。どっちもまるで同じ。
俺はもう、

「バイセクシャルになったような気分だよ!!(腹の底からの大声で)」

今度、男にチューしてみよっと!(できる!できる!)

会う友達は例外なくみんなそれぞれに踏ん張ってがんばっておりました。
結構「思っていてもなかなかできないことをやったすごい奴」
てな感じで言われることも多いけど、全然逆だよ、逆。
俺はただ逃げただけで、本当にすごいのは君らですよ。
そういう奴らのために自分に何ができるのかすごく考えさせられた。

1週間ぶりに我が菜園と対面すると、
にんにくがさながら子供もぽこちんのように勢いよく飛び出てて、
毎年の光景なのだけれど、今まで以上にうれしかったな。
冬が長かったからなのかな。
手を土に入れると、
ふわっと温かい手の人と握手をしたかような感触でぐらっちぇ。
ちょっと前までここがガチガチのシャーベットだってこと思い出すと、
もうそれだけでさ。

無言。




++++北海道PLAINJAPふるさと通信員++++

みずがつめたい

20130412-IMGP7561.jpg

20130412-IMGP7565.jpg

キリンジ兄弟バージョンラストライブ行きたかったな。とても。

彼らの1st「ペーパードライバーズミュージック」
この言葉の組み合わせの妙、そのセンスに当時とても感動して、
少々興奮気味にどういう時にタイトルが思いついたのかを本人に聞くと、
今では答えも思い出せないほど普通で、ちょっとがっかりした記憶がある(笑)

中々陽が差しませんもな。ま、ここの春はこんなもんでしょ。
一瞬途方にくれた、ブロークン屋根の件は、
以前書いたこともある知り合いのTくんが、
実は大工を2年程やっていたことが判明し速攻お願いした。
お礼はマトン2キロでいいっていうから。
見てるとやっぱプロはすげぇわ。
どうしたらいいんだ?こうしたらいいんだ。っていう、
中段して考える時間がほとんどないもんね。
あっというまに一人でツンツンとほとんど直しちゃった。
彼のことを僕らはメシアくんって呼んでます。


++++北海道PLAINJAPふるさと通信員++++

ねこはいいななんにもしなくていいから

20130408-IMGP7572.jpg

20130408-IMGP7574.jpg

20130408-IMGP7576.jpg

うわ〜やっとニンニク出て来たね〜なんてほっこりしてたら。

もう、わや。

昨晩も風に半端なく部屋の中を縦横無人に走り回られ長い夜になりました。
何かものすごく風とおしがよいこの家。
実は一昨日の強風で屋根のトタンがハゲ散らかさせたからなので。

みなさんは大丈夫でしたでしょうか?
家以外も平沢は被害が結構出てまして、
ん〜、こんなことはいままで(45秒溜めて)なかったね。

なんだか俺的にはいろいろ荒れた春。

北海道で約40軒屋根が飛ばされたってニュースでやってたけど、
絶対この家はカウントに入ってないし、全然そんなもんじゃないと思うでしかし。

それにしても、これが秋じゃなくてつくづくよかったと思う。
秋だったら大変だった。
ま、夏は、この多摩川河川敷ハウスでも全然問題ないのだけれど、
もし、これが、これから冬に入るタイミングでの対処だったら、
声が2オクターブ上がってからの「だめだこりゃ!」

ま、とにかくライフイズゴーズオンって感じで、
どうにかしなきゃいけないんだけれど、
もう、わやになればなるほど、
部屋の中が散らかっているのが気になったりするんだよね。
今朝も朝から掃除機かけました、普段しないのに(笑)
無意識にバランスをとろうとしてるんだよね。

人って不思議〜(笑)




++++北海道PLAINJAPふるさと通信員++++

新日銀総裁様に感謝

20130405-IMGP7567.jpg


たとえば都会では、たった1週間さえ、
財布から一切お金を出さずに暮らすことは難しい。
というより死んでしまうかもしれない。
都会と書いたのは、
田舎は知恵をつかえばもしかして生きていけるかもしれないから。

いや、確実に生きていける。

「おまえ一体どうやって食っていくんだ?」と聞かれて、
「いや、納豆とか。。。」とは答えない。
要は食っていくことは稼ぐこと意味して、そしてそれを使うことを意味する。

とにかく、人間は通常生きていくことに必要なものは全て、
一度お金というツールを介さないことには手に入れることができない、
という、いつのまにか存在していたルールに沿って皆暮らしている。

だからお金がなければ生きていけないとみんな言う。

正論!

もし居酒屋で隣の人達が
「お金がなければ生きていけない」なんて話していたなら、
ビートきよしバリにうなずきさえすれ、異論を挟むこともないし、
むしろ何をあたりまえのことを言ってやがるんだ?ってなるでしょう。
だけど、本当はそうじゃないんだよね。

実は生きることと、お金って何の関係もない。

だって、ここだけの話、これは内緒だけど、
人間以外の動物はお金使わなくてもちゃんと生きてるから(笑)
すんごいですね〜(所 ジョージ)
お金が食べられて、なおかつ栄養満点だって言うなら話は別なんだけれど、
元々は取引を便利にするために作られたただのツールで、
何の意味もない紙キレなんだ、実際は。


したがってものすごく萬札は輝いてみえるけど(笑)それ錯覚なんです。
勝手に紙キレにストーリーを人間が<盛ってる>だけだから。
とはいえ、この場で萬札をライターで燃やすこともできないけど(笑)
お金を祖末にする人はいけません。と僕は教育されています。

だけど。

そんな盛られた紙キレであるお金を使うことのみによってでしか、
人は生きていけないという認識は、実はトリックというか、
個人的にはある時からとても変に思えたし、
またそれに加えて順序があべこべな状態、つまり、
稼いでそれをじゃんじゃん使ってさえいれば、
逆に生きること自体についてはおなざりになってもいいという風潮は、
なんだかとても危なっかしいなと。
単なる紙キレを心底信じ込んでしまうのは、かなりさべーよ、さべー。
いつか裏切られちまうぜ。
その感じにビビって逃げ出したというのが、
ここに来た大きな理由なんですけれども。

やっぱりお金って大事なんだよね(笑)大事、大事!当然ここでも。
いや、気がつかなかったな〜(笑)
いくら「お金と距離を置きたいからここに来たんだ」ってホザいたところで、
健康保険だってガソリンだって高いじゃん。アマゾン大好きだし(笑)それに、
時給890円とか910円とかで働いてみないさいな。
めちゃくちゃ萬札に重みが出ちゃうから(笑)
レジでお金を出すときだって、涙目だよ(笑)
つら〜っ頭の中では働いているときの緊張感思い出すもな。

やっぱお金大好き!!

そんなわけで6年ここで暮らすうちに、
すっかりここに来た初心を忘れていたんだけれど、
昨日だかの日銀の金融大緩和政策とそれに翻弄された市場を見て、
俺、全然経済詳しくないけど、ピンときたね。

これはつまり心中じゃないっすか?

完全にバブル。お金がお金を生んでいる。しかし、
紙キレが紙キレを生んでも、それはどこまでいっても単なる紙キレなのであって、
もう好きにやらしておけよというお話で。

しかしその茶番の中にとんでもないものを内包している気がして、
一気にここにきた初心を思い出したというわけ。

俺、もうちょっと生きることを一生懸命考えてみる。でもバイトはやめない(笑)

故に。

新日銀総裁様ありがとうございました。




++++北海道PLAINJAPふるさと通信員++++