SID VICIOUS was innocent

20120129-IMG_2862.jpg


まーいまさらですが、アタイの苗字は「坂川」なんですけどね。
その由来を、だいぶ昔に親戚のおじさんが来て酒呑んでた時に
ぽつねんとしゃべりはじめたことがあって。なんでも、
おじさんはじいちゃんに聞いたらしい。で、
どんな内容かというと、
父の方は蝦夷地に一体何処からきたのかというと鳥取なんだよね。
鳥取で商人をやっていたらしくて、
ま、詳しいことはわからないけれど一発逆転をかけて、
あの時代に、この地に渡ってきたのでしょう。
その際に商人って士農工商でいくと一番の下でしょ?
そのしがらみみたいなものを全部捨てたくて、
蝦夷地に渡る船の中で適当に考えた苗字が「坂川」
俺、それ聞いたときに、なんだかわからないけれど、
ものすごい感動しちゃって!何故かうれしくなっちゃって!

「俺、すごいどうでもいい苗字なんだな!」

なんて思ったら、
頭の中の四方の壁がパタパタって倒れて、
四つ打ちに合わせてカズダンス踊ってたもん!

それで、去年、その同じおじさんに、
「あの名字の話、最高だったよね」って言ったら。
「えっ? そんな話、俺、知らないよ。そうなの?」って逆に聞かれて。

一体どういうことなのか、未だ謎(笑)

でも、俺の中では、自分の名字は、船の甲板で
ああでもないこうでもないって希望と不安と酒ちゃんぽんの中から出た、
適当な偽名だってことで完結させてます。かっこいいから。

だけどさ、
その昔、人って今よりはもっとダイナミックに生きていたのは間違いない。
今や、二分電車が遅れただけで新聞、ラジオ、テレビが一斉に報道する社会。
どうなんすか?佐波くん。アタイ達一体どこに向かってるんすか?
ほんと、一昨日のこのニュースは本当に聞いていて心底気持ち悪くなった。
S N N K N K ?(そんなにニュースになるようなことなのか?)


ま、話それぎみ、ギミーシェルターよろしく、ひとついえるのは、
電車に乗っていれば、居眠りしていても、メールしていても、無関心でも、
みんな一緒に目的地まで届けてくれるって時代はもう終わったんだよね。

車両の一番前に立って運転手の目線で見たことある?
線路の分岐が来る度にマジでドキドキするよ。
ありえないけれど、間違った方に入っちゃうんじゃないかって(笑)
「運転手さんほんとにそっちでいいのかよ!」ま、間違いなくいいんだけどさ(笑)

でも、その自分で見て自分で感じるって実は必要だと思うもな。
人任せは怖いわ。
奥さん、目の前の運転手が実はカカシだったらどうすんすか?
韓国コスメどころの話じゃないっすよ!

ま、電車は運転手なしても自動で大概終点まで連れてってくれると思うけれど、
今のこの国、この世界、このシステムはさ、
全く僕たちを何処に連れていこうとしているのかわからないよ。
ま、かっこいいから、
システムってちょっと書きたかったという事実を差し引いても、
午後イチで東横線に乗ったつもりが何故か高雄に明け方ポツンといました的な。
でもこれはただのたとえじゃなくて、
今の延長線に10年後がないことは間違いないとオラ思う。
そしてそう感じている人も多いと思う。

今までと完璧に違う未来がデーンと目の前に鎮座しているのに、のに。
野に咲くバラのように、昨日と同じ今日でいいのか。今日と同じ明日でいいのか。

ということを、おのおの、もちろん自分も含めて、
ふか〜く、ふか〜く、
自答しなければならない2012年デカメロン伝説が今、開幕したのです。






++++北海道PLAINJAPふるさと通信員++++

IKKYU-SAN

20120125-IMG_2861.jpg

「誠意って何かね?」

「北の国から」で菅原文太が言い放ったこのセリフが今やけに重いもな。
ねぇ教えて一休さん。誠意って一体何よ?
そして、しんえもんさんのアゴが割れているのはどうして?
江戸時代の人もアゴって割れてたの?はいいとしても、
誠意ってーのは、人に伝わってこそのもの、
というより、むしろ相手に伝わったもの、そのものが誠意といえるんじゃないか?

自分にいくら誠意があっても、誠意を語っても、
相手に伝わらなければそれはただのゴミ。

すなわち誠意というのは自分に存在するものじゃなく、
相手とのやりとりの中に存在するものなんじゃないでしょうか?母上様。

だからドラマの中で文太は邦江に塩を撒いたわけですね。

また丸太を売って作った100万も逆にうけとらなかったと。

ドラマは見てない人は全く何のことやら。

そこでです。今、この国において、
塩を撒かれてとりあえずお引き取りされなければならない連中がいますね。


「あわてない、あわてない、ひとやすみ、ひとやすみ」


とか言ってんじゃねぇよ!東電!(言ってない)


++++北海道PLAINJAPふるさと通信員++++

Papa Don't Preach

20120117-01.jpg
巣立ったハネモノ達シリーズその1

東京都のRさんの作品。非常に親近感が沸きます。

あの何人かのやさしい方から、わざわざメールなど頂きましたが、
実はカメラありました!それも5回ぐらい見たカゴの中に。
あはははは!馬鹿だね〜!(トシちゃん(R35))
ま、笑い事じゃないんだけれど、完全に老人が入ってるというべきなのか。
でも、開き直る以前に、俺って昔からそういう人だからね。
去年も売り物のかぶとむし踏んづけたしなぁ。
見えるものと全く見えないものがあるのかなぁ?わかんないけど。

よく見えるもの: おっぱい

よく見えないもの: あたりさわりのない言葉の本当の意味

話変わって日本全国冬真っ盛りでごぜぇますが、
日々我々も今年の冬を満喫しております。最近は寒かったな。
-20℃ぐらいまではある意味「さみー」の延長線ですが、
-25℃を下回ると「さみー」とかうだうだ言ってらんない。
ちゃんとしてないとケツが床にくっついちまう。
皮がべろっと向けて、そこからケツが腐って、
妖怪「熟くれ桃」になってしまうのだ〜!

それでも自分が冬が好きなのは、
余計なものがどんどん削られていく感覚があるから。
このエクストリームな環境の方が、
自分がどういうものの上に立って日々生きているのか実感できるからなのさ。

たとえばここでこの時期風呂に入るって我が家では一苦労で、
排水、シャンプー、シャワーとか全部凍っているし、
まず全部融かすことから始めるんだけれど、
自分が言いたいのはここで風呂に入るのは大変だ!ってことじゃなくて、
逆にそんな氷の世界でも普通に風呂が入れるってことに、
かなりのありがたさを感じてしまうってことなのさ。
だってここでは、
水だって電気だってあってあたりまえのものじゃないわけだから。
裸のまま外に出たなら、
チンチンが凍傷で壊死してポロリと落ちてしまうような環境で、
ほろ酔いで暖かいお湯に浸かっていられるなんてのは、
俺に言わせりゃほぼ奇跡ですよ。ちんこびんびんですよ。幸せですよ。
伝わんないかもしれないけど。
やっぱ正直、夏だとここまでの感じかたはしないもんな。

人ってあればあったでそれがどんどん普通になっていくから。
本来は味わなければならない途中の知恵と手間と時間とその感動を、
今まではお金儲けと引き換えにごっそり捨ててきたわけで。
手放したものを拾い集める人々がこれからは増えていきそうだけれどね。

気がつけば五郎の生き方。
何か悔しいけど、やっぱ・・・なんかな?

たとえばあなたの職場の敏腕課長さん。仕事ができるかなりのキレ者。完璧。
年間に億単位の金を動かし、出世街道を突っ走ってます。
しかし、山に放りだせば、何もなすすべもなく4日であっさり死にます。

一方、五郎。スコップを削って暖をとります。

オラ、涙が出るだ。

今回は結局何が書きたかったのか自分でもわがんね。


++++北海道PLAINJAPふるさと通信員++++

REGGAE


あーほんと俺のカメラ何処にいっちゃったんだろ?
壊れたと思ったら、実はバッテリーが弱ってただけで、
やった儲けた!と思ってたら、今度は見当たらない。
あれだな、もうあれだ。もうそういうことなんだな。
えっ?どういうこと?という無責任な突っ込みは、
この際一切しないで頂きたい!人として!(関西激怒風)
おっ?段々と宇宙語を思い出してきたぞ!

隣の客はミルマスカラス。隣の客はミルマスカラス。

話戻すと、つまり、あれだ、あれは猫と一緒だよ。
もういずれにせよお別れの時期だったのかも。
死に際は絶対に人に見せないっつーあれね。
さすれば、拙者、新しめのカメラを買わなければならないわけですが、
その前に今日の出来事を書いちゃってもタモリかな?

今日知ってる犬が離れていて、
それも帰れるとも思えない離れた場所をウロウロしていたのさ。
犬の顔、うれしすぎて完璧に笑っててさ。それ見て俺も爆笑。んで。

勘の鋭い俺様はその危険な香りにピンときたね。
「こっ、これは間違いなく脱走だ!」

行動の早い俺様はすぐに飼い主に報告したね。
「えっとぁ、わんちゃん、離れていないですかぁ?(口半開きで)」

「あー、わざわざどうもね。あれ運動不足だから離してんだわ」

Oi! Oi! 田舎はすげーな!

あとね、今日見た夢もおもしろかった。
ギターやベースを弾けないのに、どういう理由でありましょうか、
いつのまにライブでステージに普通に出ることになっているという
俺の夢の黄金パターンがあるのですが、
今日はね、キーボードに挑戦しました。おっちゃん、がんばったよぉ!
しかもレゲエのバンドの。
ところがレゲエって間があるし、
キーボードも割にあんまり音数多くない方がかっこよかったりするから、
顔でかなり雰囲気を作って、
ちょこちょこっとポポンと鳴らすだけで、つまり顔で弾く感じ?
それだけで、かなりちゃんと弾いている風に見えるということがが判明。
夢ライブベース編と比べてもかなり楽チンチン。
お客さんの反応も非常に良くて、
こりゃ、次回もキーボードでおねがいしたいわ。

次は照明をレンタルじゃなくて自前で30万かけてやるってさ。
ライブ後メンバーとそんなことまでしゃべってました。
なんなの?ストーリーの意味のないディテールの細かさ加減は。
ま、照明の打ち合わせをしていたわけだから、
次回も必ず夢ライブはあるわけで、
そのときはまたご報告いたします。おっかぁ〜!

あとカメラだよな。



++++北海道PLAINJAPふるさと通信員++++

2012 A HAPPY DESTRUCTION YEAR!!!

20120106-201201061250000.jpg

今年の年賀状の1等賞は岐阜県のTくん。
写真ではわかりずらいですが、
中指に「賀正」の文字。いやーめでたい、めでたい。
断っておきますが、
彼はこのバージョンの年賀を全員に送ったわけではありません。

とにかく!リンダ、リンダ!だもな。
写真には写らないやさしさがあります。

でも、配っている身から言わせてもらえば、
これは絶対に誤配できないわ。
受け取る人間違ったらこれはヤバいよ。
誰かの首が飛んだり飛ばなかったり。
しちゃうかもしれません(低い声で)

みなさんご存知僕の普段の生活は、
ワイフ、友達2人、猫二匹と犬一匹、そして村の民の中。
ほぼ毎日その世界で暮らしていますが、最近はといえば、
ちょくちょく、山を降りる機会も多く、
それは、たとえば郵便ポストから中を覗き見する程度だけれど、
世の中のせちがない空気を感じる機会も多いわけで。

どうしてそこまで怒るかなぁ?
何がそんなに許せないのかなぁ?
と、首を傾げることもしばしば。
そういう世界ではやっぱり人ってどんどん萎縮するよね。
ミスを恐れ人々から攻める気持ちが知らずになくなっていく。
つまり誰かを許さないのは結局自分の首を締めてるんだよね。
そういうノリの社会を作ることに加担しているわけ。

そこでこの年賀状ですよ。
この勢い。この罰当たり加減。攻めてるなぁ。
これ見て我を取り戻したよ、Tくん、ありがとう。

少々誰かに何かされても「なんも、なんも」と言って赦してあげる。
誰かに許してもらった人は、
同じように誰かに「なんも、なんも」と言って許してあげればよい。
たったそれだけで、相当に世の中住みやすくなると思うけどね。

ここだけの話、
人は赦すため、ただそれだけのために生まれてきたんだぜ。



ま、東電を除いての話だけど(笑)



++++北海道PLAINJAPふるさと通信員++++