Shibare-Musium02

20101129-IMG_1702.JPG

いんや〜、Shibare-Musiumを開きたいのは山々なんですが、
シバレてくんないんだわ。

暇だからシャッターアイランドっつーのを借りきて、
酢だこを喰いながらみてたんだけど、
スコセッシって〜のは、やっぱすごいね。
絵の質感が桁違いで、すげーすげーと唸って、
最後スコセッシ監督ってのを初めて知って、
タコがイカになりました(実話)

昇天


+++北海道麦倶楽部通信員+++

Shibare-Musium

20101121-IMG_1691.JPG

20101121-IMG_1698.JPG

20101121-IMG_1694.JPG

20101121-IMG_1697.JPG

やっぱり日本酒が美味くなってきたもな。
んで、仕事の帰りに変な形の魚を2尾買ってきて、
適当な味付けで煮付けを作ってそれがハマれば、
これはもう完全に冬ってことなのさ。ま〜地味だこと。

そーいえば、思い出した!どかーんといきなり話変わって、
だいぶ前にアーミッシュの村に冤罪の逃亡者が逃げ込む映画を見たんだわ。
今、アーミッシュになる人が増えてるらしいね。
は、いいとして。
その映画の中で、子供の着ている服について言及するシーンがあって、
確か「なかなかPLAINでよろしい」って感じだったと思うんだけど、
PLAINの部分がなんて訳になるのかな?と字幕を見てみると、
「地味」と訳されていたんだわ。
ってことはだよ、ここは「地味な日本人」ってことになるわけだけど、
なかなか、これはこれで的を得ているかもって思って。
ステキかもって思って。

とまぁ、「地味」から広げてみたものの、さほどおもしろくなかったという例。

こんな感じでまた。

+++北海道PLAINJAPふるさと通信員+++

OHANADAYORI 14

20101101-IMG_1445.JPG

ワシ、今年はかぼちゃが若干余ってしまって、
最近はどこに行ってもかぼちゃを持参。
こないだ札幌に行ったときも、
かぼちゃを紙袋に入れて夜の街をうろうろ。
入った店(もちろん知り合いの店よ)で、
かぼちゃをひとつずつ置いて行く。
これってまんま黒板五郎。
今、あの五郎がかぼちゃをバックに詰めて東京に行ったシーンとか見ると、
どんなんだろ?
少なくとも、それを見て昔のように笑うということはないんだろ。
泣くってこともないし、たぶん、
「まーそーだよね、かぼちゃしかないよね、この季節は」
ってことになるんだろ。

ワシも思えば遠くに来たもんだ。

+++北海道PLAINJAPふるさと通信員+++