MAGIC TAIRAZAWA

20090831-IMGP6863.JPG

20090831-IMGP6857.JPG

20090831-IMGP6860.JPG

もう一度なんて言えるはずないのさ、夏のはじまりのころのようには

+++北海道PLAINJAPふるさと通信員+++

ONE SHOT

20090828-IMGP6852.JPG

やっと両者こんなこともできるようになりました(クロはいやいや)
ただ、以前には絶対なかったことをするようになりまして。
そのひとつが、トイレ以外でのしょんべん。
こないだ、自分のふとんに入ろうとすると、中がガッツリ濡れていた。
まっ、まさか?!(いろんな意味で)
観察すると布団の上から敷き布団まで貫通してしまう量のしょんべん。
いやいやクリーニング屋にもっていくと、な、なんと、
ろ、ろっ、ろっく、六千円!たっけー!
君たち、お父さんのバイトの時給、幾らか知ってやってるの?
と泣きが入った翌日にまたやられまちた。

そー、そー、そういえば佐波くん、明後日の選挙どこを支持するの?
へー、K産党なんだ(言ってない)

自分はといえば、前回、かの名総理小泉大先生が再選なされた時に、
プッツリと何かが完全に切れ、
「もうつき合ってられまへんわ」と北海道に渡り早や2年半。
いまだ新聞の政治欄はほとんど見ておらず、
まず見るのは週刊誌の広告欄という酷いありさまながらもここで一句。

選挙権 返せるものなら 返したい(貝)

でも行くけどね、暇だから。

+++北海道PLAINJAPふるさと通信員+++

Back to ordinary days

20090826-IMGP6854.JPG

20090826-IMGP6856.JPG

今日はきもちよかったー!

夏の夢のような、もしかしてほんとに夢だったかも?な日々も終わり、
また全く日常の生活に完全戻った。
新聞じっくり読んだり、瞑想したり、バイトに行ったり、
チェンソーで薪切ったり、草むしったり。
そして今日は毎年恒例の梅を乾かした。
そもそも、梅干し作りは今までノータッチだったんだけれど、
今日はムラが居なかったので、我が輩が箸でコロコロと。
ラーメンの味の違いはよくわかるけれど、
梅干しの美味い、まずいは正直よくわからない。
だけど、ムラの梅干しは美味いらしいです。

ま、そんな感じで明日も心拍数は75より上にはいかないことでしょう。

な、秋。

+++北海道PLAINJAPふるさと通信員+++

after RISING TWO

20090821-IMG_0536.JPG

20090821-IMG_0532.JPG

20090821-IMG_0528.JPG

20090821-IMG_0535.JPG

20090821-IMG_0538.JPG

20090821-IMG_0539.JPG

20090821-IMG_0541.JPG

先ほど、最後まで残っていた蟹ちゃんという友達が出平して、
僕らの夏は終わったようです。
途中、自分の誕生日を完璧にスルーされそうになるハプニングもあり、
つうか、俺、そういうのどうでもいいから、どうでもいいんだけど、
周りの人の「しまった!顔」が逆になんか申し訳なかったな。

あっ、そうそう、二日前にギャグが全くウケなくて傷をおった俺。
ウケるとか、ウケないとかそれ以前のレベルだったわけですが、
この傷を癒すのには、逃げるのではなくて、また攻めるしかないことは分かってた。

かわなべ先生がいる内に絶対リベンジしたくて、
カチキチ宅の納屋、通称「納屋Bar」(まんま)で行われた先生在平最後の宴で、
かましてやったんよ「ブラジル」ってギャグを。結果、

綺麗に大ゴケ、俺、大怪我。
今年の夏は二度散った。

傷どころか、もう手術が必要なくらいにガッツリやられて、
もう人前では今世紀中にはやらないと心に決めました。
つうか、わかってたけどさ、ウケるとか、ウケないとかそれ以前のレベルなんだね。
でも、そんときに先生に「けいちゃん、ハートが強い!」って笑いながら言われたのが、
何か、オラ、うれしかったよ〜(岸壁から叫ぶ)
かったよ〜(残響)ったよ〜(残響)よ〜(残響)

ま、とにかく、遊びすぎたし、食い過ぎた。
もう美味いものは来年まで要らない。馬鹿になっちゃう。
つうか、もう馬鹿だからいいか。
かあちゃん、今晩はすき焼きにしようよ。

ところで、大体、こういうイベントがあるとオラ、撮る気漫々日曜日。
しかし今年は理由もなくあまりそういう感じにならずに、
途中からパラパラ撮りだしました程度。
ということで、今年の夏の全貌は、後日のケニー写真館inアムプリン冒険にて
披露されますのでおたのしみに。

その変わり、結構、撮られる方の立ち位置に居たので、
写真に写る自分を久々に見る事ができました。
久々に見る自分の全身、顔、オーラ。驚いたね。

「老っけたなぁ、俺」

目もこんなにたれ目だったっけ?口角の角度も酷い。
あと全身にやる気が感じられない。
こりゃ、スルーもされるよ、マジ。
正直さ、久々に友達とかと会うと「結構、イッちゃったなぁ、こいつ」
なんて腹の中で思うことない?

今回、みんなの中に居る自分というのを写真の中で久々にみて、
「俺が一番イッちゃってるじゃん!」つうか「俺だけイッちゃってるじゃん」
ってな感じで、愕然としましたよ。
どうりで、みんなと行った北の国からのセットにあった黒板五郎の写真が、
若く見えだしてきたわけですよ。

まぁ、とにかく、黒板五郎が若く見えだしてきた2009年の夏も終わり、
さ、いろいろがんばる、ぞ、ぞ、ぞ(ブレイク)Oi!

+++北海道PLAINJAPふるさと通信員+++

after RISING

20090818-IMGP6823.jpg

20090818-IMGP6829.jpg

20090818-IMGP6833.jpg

20090818-IMGP6839.jpg

20090818-IMGP6836.jpg

20090818-IMGP6847.jpg

20090818-IMGP6850.jpg

ライジング見てきました。
初日のOKI DUB AINU BANDが相当に良くて
(ラム酒の酔い加減と完璧にシンクロしちゃってたというのもある)
二日目もこれを越えるのは出てこないっしょ、と思ってたら、
ミドリが滑り込み、土壇場でひっくり返したのはイースタンユース!
今も何かザワザワしたものが胸に残っております。
とにかく、ことしの夏も行けて幸せ、つうか、つうか。

何?

そして次の日、夏になると必ず顔を出す友達のケニー、
それに加えて、そんな感じになりそうな男かわなべひろしを引き連れ、
居眠り運転をしながら無事「帰平」

その晩、帰ってさっそくカトキチ宅にて海鮮BBQ。
カトキチのところには前の晩からBOSEとハナレグミが来ていて、
その晩の平沢は、熊の数と有名人の数が同じという、
なんともナウマン(マンモス)豪華な(ド)田舎となったのだ!

つぶ、ホッキ、白貝。北海道に来ているのに貝が嫌いというBOSEは
人生の半分をどぶに捨てていることは明白なわけで、本人も相当に悔しかったのか、
何十年ぶりに貝を口にするというサプライズも。
タコが美味かったなぁ。この晩のベスト海鮮アクトは

タッコ れ〜す。

そんで、そんで、見ちゃった。
カトキチ宅の居間、キャベツ並べて作った特設「キャベツステージ」で、
な、なんと、目の前でハナレグミのライブ。ナウマン贅沢!
これ、一体チケット幾らになるんだろう? ヤフオクで20万くらい?
えがった、えがった。
ま、その後、お返しじゃないんだけど、調子にのってやった、
自分の一発ギャグが全くうけなかったのには、酔いも一発で冷めた。

ケニーとかわなべくんはまだ平沢に居て、今、彼らは川下りに行ってます。
明日は山登り。あともうちょい僕らの夏は続くのだ!

ナウマン柿ピー2009夏

+++北海道PLAINJAPふるさと通信員+++

RISING SUN

20090813-IMG_0484_jpg.jpg
なんか本当はもっとこんなんより全然いい瞬間なんだけど普通になってしまう。

ところで今年。
LOUDNESSが一番楽しみ!
そしてLOUDNESSといえば、たねだくんを思いだすな。

ということなので、またしばらく更新できまっせん。
よろピコピコハイスクール、ヘイ、ホ、レッツ、ゴー

+++北海道PLAINJAPふるさと通信員+++

Like a Chameleon

20090810-IMG_0492_.JPG

森の中のカメレオンがあの色なように、
ここらの猫がみんなあの模様なのはこういうことなのかね?
完全に薪に同化してて、目をこらしてギョッとした。
一体何匹居るかわかります?
いや、俺もわかんないんだけど。

+++北海道PLAINJAPふるさと通信員+++

XLR BAJA

20090806-IMG_0489.jpg

今朝いいものを見た。

麓郷街道を走っていると前からテロンテロンに荷物を積んで
ケツが下がってるXLR BAJA。
おっBAJAだ!やっぱ二灯はかっこいいねぇ。
半キャップをかぶった兄ちゃんはちょりんちょりんに日焼けしてて、
ここに来るまでにもう相当走って来ていることは一目でわかった。
左ウインカーを出して、後ろからどんどん追いつく車を先に行かせている。
兄ちゃん、やっとるねぇ〜。俺、心の中でドでかいチョキ(ピース)。
すれ違いざま、名残惜しくチラ見すると、なんと荷物の中に子供が乗っていた。
うわ〜!あの兄ちゃん、お父さんだったんだ!かっこいいな〜!
自動車メーカーがイメージ戦略としてCMで打ち出しているような、
型にはまったかっこいいお父さんと綺麗なワンボックスで星を見に行こう!
今ならETCもあるしね!的なところがまるでないその親子を見て、
何か無性に僕はうれしくなった。いいよ〜いいよ〜。

子供の頃に見たものって、本当にデカくみえるし、新鮮だし、ショックだし、
たぶん大人の3倍ぐらいの感じかたをすると思う。
そんなスペシャルな時期に、バイクというスペシャルな乗り物で、
スペシャルな五感で感じるスペシャルな旅。
バイクに乗ったことのある人、そして一度でもバイクで旅に出たことのある人は、
たとえその後バイクを降りても、自分の中にあの自由は生き続ける。
何も残らなかった人は最初からバイクに乗っていなかったんだ。
バイクと車は全く違う。
たぶん、あの兄ちゃんも、どうしてもそこでしか感じられないことを、今、
伝えたかったんだろうね。
それにしてもうらやましい、あの子。そしてお父さんもうらやましい。両方うらやましい。
俺、今、両方になりたい。

でも、ま、なまじ知ってしまった故に、
人生、生きずらくなってしまうことってのもあるんだけどな。

と、42歳にもなると、そういうちょっとイヤなことも考えてしまうのでした。

+++北海道PLAINJAPふるさと通信員+++

HIKYOU TV

20090804-IMG_0377.JPG
秘境ファイル03 

ハネモノのTシャツですが今週末で締め切ります。
在庫のあるやつがあり、すぐ送られるものもある。

あと、ここを見てくれてる人は当然知ってると思うのですが、一応。
ほぼ毎日こっちは更新してますのでよ。

ハネモノ(モ)マーケット

+++北海道PLAINJAPふるさと通信員+++